通信制高校の一覧

【嘘なし】向陽台高等学校の評判,学費,入試の疑問について解説

高校選びで悩む親
向陽台高等学校への入学を検討しているのですが、どのような高校なのか詳しく教えてほしいです。

 

中学校は、いじめのせいで不登校気味になってしまい高校に行こうか迷っている人。

高校を中退し社会人へ、やっぱり高校に未練を感じて学校に行こうかなと思っている人。

家庭の事情でお金がないので仕事をしながら高校に行きたいと思っている人。

高校は卒業したけど夢実現のため、また新たに学校に行きたいなと思っている人。

 

そんな悩みを持っていたり、決意がある人達にとって向陽台高等学校はそのすべて解決してくれます。

 

もう諦めることなんてありません。トラウマに悩むこともなくなります。 学校を卒業した後はスッキリした気持ちになっていることでしょう。

 

そこで、今回は向陽台高等学校へ入学を検討している人に向けて

 

「向陽台高等学校の評判・口コミはどうな?」
「向陽台高等学校の学費は高いのか安いの?」
「向陽台高等学校の入試は難しいの?」
「向陽台高等学校ってどんな学校なんだろう?」
「向陽台高等学校に入学したその後にやる事は?」

 

評判や学費、入試などについて詳しく解説していきます。

 

事前にしっておいて少しでも不安を解消しておきたい!という方はぜひ参考にしてください。

 

向陽台高等学校のリアルな口コミ・評判

 

これから向陽台高等学校のリアルな口コミの評判を以下の2点ピックアップしました。

 

・向陽台高等学校の悪い評判・口コミ

・向陽台高等学校の良い評判・口コミ

 

では上記の2つの事柄について解説していきたいと思います。

向陽台高等学校の悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミには以下のようなものがありました。

 

・山のほうに学校があるので自転車通学ができない。

・定時の17時を過ぎると先生達全員が帰ってしまう。

・向陽台高等学校には部活動がありません。部活動がしたい人には少し物足りない。

・通学型のコースは校則が厳しい

 

順番に見ていきましょう。

 

口コミの不満をこれから、この学校に行こうと思っている人達に向けに当てはめると、

 

「通学で歩いて行くのが嫌な人」

「授業が終わっても居残りたい人」

「本格的に部活動を取り組みたい人」

「自由な学校生活を送りたい人」

 

など、そのような願望がある人はこの学校は不向きかもしれません。

 

ただし、本格的に部活動がしたい人は、向陽台高等学校には、部活動の代わりに沢山のクラブがあります。同好会的な雰囲気のクラブや、全国大会に出場しているクラブなどです。

 

こちらがクラブ活動の種類になります。 

 

運動部 文化部
バスケットボール部 美術部
剣道部 文芸部
テニス部 軽音楽部
バレーボール部 ボランティア部
バトミントン部 写真部
陸上部 囲碁将棋部
ゴルフ部
卓球部

 

本格的に部活動がしたい人でも、これだけのクラブがあれば学校生活を十分に満喫できるでしょう。

 

ちなみに、

 

向陽台高等学校では様々なニーズに応えるためコースが5つに分かれています。

 

そのコースの種類によって校則にある・ないがあります。

 

こちらがその表になります。

 

校則がある 校則がない
登校型コース 総合コース
新卒コース 進学サポートコース
自宅学習型コース

 

このようにコースによって違いがあるのがお分かり頂けたでしょうか。

 

では、厳しい校則でどういったものがあるか見ていきましょう。

 

・つけまつ毛はNG

・ピアスはNG(ただし見えてなければよい)。

・髪色に対して厳しい先生と厳しくない先生がいる。

・髪の毛は巻いてはダメ。

 

このよう向陽台高等学校では、以上のような校則が挙げられます。

 

高校選びで悩む親
登校型コースや新卒コースは全日制みたいな感じで身だしなみについての校則があるんですね。
意外だと感じられる方もいると思いますが、通信制高校での校則はあくまでも最低限のマナーであることがほとんどです。過度なメイクやピアスは社会人でもNGである場合が多いので厳しいといっても許容範囲内ではないでしょうか。
教育カウンセラー

向陽台高等学校の良い評判・口コミ

良い評判・口コミには以下のようなものがありました。

 

・先生は優しく頼りがいのある人ばかりなので、安心して通える高校でした。

・自由なクラスです。自分のペースで学べる学校でした。

・おもしろい学校でした。乗馬やスノーボード研修などの体験ができます。

・女子の制服が可愛い。

 

これらの評判をこれから、この学校に行こうと思っている人達に向けに当てはめると、

 

「頼もしい先生がいてくれるのか不安だ」

「授業はマイペースに受けたい」

「刺激のある体験がしたい」

「制服で登校したい人」

 

など、向陽台高等学校は、このような想いがある人達に合っていますね。

 

他には、

 

・室内は常に清潔です。ラウンジもリラックス出来る雰囲気で勉強するにもいいです。

・新卒コースの者ですが、授業は静かに学べ、逆に静か過ぎて眠くなってしまいます。

・学校の中にはコンビニがあり、学食は安くて旨いし、種類も多く飽きません。

 

これらの評判をこれから、この学校に行こうと思っている人達に向けに当てはめると、

 

「リラックス出来る環境で勉強したい」

「授業は静かに学びたい」

「お弁当は持参したくない」

 

このような環境作りが向陽台高等学校にはあります。

 

通信制高校は学費が高いイメージだけど 向陽台高等学校の学費はどのくらい ?

これから向陽台高等学校の様々な学費の事柄を3つピックアップしたので、ご紹介したいと思います。

 

その3つというのが、

 

・向陽台高等学校の学費一覧

・向陽台高等学校の学費は高いのか安いのか?

・学費補助の国の就学支援金と府の授業料支援補助金制度

 

この3つになります。

 

では上記の3つに事柄について本記事で解説していきたいと思います。

向陽台高等学校の学費一覧

向陽台高等学校のコースは5つに分かれている為、それぞれのコースによって費用が異なります。

 

なお、以下の3つの一覧表は初年度総額目安になります。

登校型コースの学費

項目 金額 備考
入学金 70,000円
授業料 225,000円 (1単位9,000×25単位)
入学検定料 10,000円
教材費 10,000円
施設費 50,000円
コース費 110,000円
合計 475,000円

進路サポートコースの学費

項目 金額 備考
入学金 70,000円
授業料 225,000円 (1単位9,000×25単位)
入学検定料 10,000円
教材費 10,000円
施設費 50,000円
コース費 50,000円
合計 415,000円

新卒コース・総合コース・自宅学習型コースの学費

項目 金額 備考
入学金 70,000円
授業料 225,000円 (1単位9,000×25単位)
入学検定料 10,000円
教材費 10,000円
施設費 50,000円
合計 365,000円

 

以上が向陽台高等学校の学費一覧でした。

向陽台高等学校の学費は高いのか安いのか?

結論を述べますと、標準的な値段と言ったところでしょう。

 

平均的な私立の通信制高校だと学費がだいたい20万円~80万円なので、学費一覧で説明した3タイプのコースも平均的なお値段です。

 

ただし、この後に説明する学費補助を合わせれば大幅に学費を下げることが出来ます。

学費補助の国の就学支援金と府の授業料支援補助金制度

向陽台高等学校では国の就学支援金と府の授業料支援補助金制度があります。

 

国の就学支援金とは、国公私立を問わずに高等学校や専門学校に通う生徒に向けて授業料を支援してくれる支援金

 

府の授業料支援補助金制度とは、大阪の子供たちが、国の就学支援金と合わせて私立高等学校等の授業料が無償になる制度です。

 

また世帯年収や大阪府内在住なのかによって減額率が変わります。

 

簡単に表で説明します。

 

※●都道府県民税と市町村民税の各所得割額の合算になります。

 

大阪府内在住の方
世帯年収 590万円未満(●非課税または257,500未満) 590万円以上910万円未満(●257,000以上507,000未満) 910万円以上(●507,000円以上)
支給額 80,000円 146,752~539,912円 166,000~896,000円

 

大阪府外在住の方
世帯年収 350万円未満(●非課税または85,500未満) 350万円以上590万円未満(●85,500円以上257500円未満) 590万円以上910万円未満(●257,500以上507,000円未満) 910万円以上(●507,000円以上)
支給額 130,000~230,000円 137,128~361,868円 146,752~539,912円 166,000~896,000円

 

このような感じになります。

 

通信制高校の入試は難しいイメージだけど向陽台高等学校の入試はどうなの?

これから向陽台高等学校の様々な入試の事柄を2つピックアップしたので、ご紹介したいと思います。

 

その2つというのが、

 

・向陽台高等学校の募集要項

・向陽台高等学校の入試は難しいのか?

 

この2つになります。

 

では上記の2つに事柄について解説していきたいと思います。

向陽台高等学校の募集要項

●募集人員

・普通科(男・女)

・年間 約800名

●募集対象者

・中学校卒業生(卒業見込生)

・転入生、編入生、一部科目履修生

●入学試験

・「面接」「面談」「書類」「作文」等による選考

・(登校型コースのみ学科試験(英・数)の実施)

●選考結果通知

・原則として、入学選抜試験実施後3日以内に本人に郵送します。

引用 : 向陽台高等学校のホームページ

向陽台高等学校の入試は難しいのか?

結論を述べますと、やや難しいでしょう。

 

向陽台高等学校の入学試験では、

 

・面接

・面談

・書類

・作文

 

以上の選考方式と

 

登校型コースのみ、

 

・英語

・数学

 

の学科試験があります。

 

入学試験の選考方法は少ないとこで、「面接」と「作文」だけなので、それと比べるとやや合格率は下がるようです。

 

でも、安心してください!

 

通信制高校の入学試験は「落とすための試験」ではなく「受け入れるための試験」とよく言われます。

 

しっかりと対策をしていれば、落ちる可能性は低いと言っていいでしょう。

 

試験当日の欠席や解答用紙の白紙などがなく、ある程度中学生の基礎ができていれば筆記試験でも落ちることはほとんどありません。リラックスして試験に挑みましょう。
教育カウンセラー

 

ここがおすすめ! 向陽台高等学校の魅力

ここでは簡単に向陽台高等学校について

 

・コースや内容
・単位認定について
・有名な卒業生

 

以上のことについて解説していきます。

5つのコースから選択する

向陽台高等学校は大阪府茨木市に本拠地がある、広域通信制で私立の単位制高等学校です。

 

そして、なんと言っても向陽台高等学校の最大の魅力は、様々な5つのコースから選べる幅広いニーズに対応したコース分けが特徴です!

 

コース 種類 向いてる人 登校日数
登校型コース 毎日学校で学習したい人 週5日登校
新卒コース  同じ学年のクラスで学習したい人 週2~5日登校
総合コース 自分のペースで学習したい人 週2日登校
進路サポートコース 大学進学を目指す人 週4~5日登校
自宅学習型コース 自宅でじっくり学習したい人 月に2日程度登校

 

これだけコースの多い学校も珍しいですね。

 

自分に合ったコース選びが出来ます。

 

全日制や定時制のように毎日学校に登校するのもいいですし、本格的に大学受験に向けて勉強をするのもありですね。

 

本当に色々な事情で集まった人がこの学校に来ているようです。

「5週間ごと」の単位認定

向陽台高等学校の学習システムは少し変わっています。

 

向陽台高等学校は独自に単位を修得するシステムがあります。

 

具体的に図で表すと、

引用 : 向陽台高等学校ホームページ

 

このように、一年間を5期に分けてスクーリングやレポート提出、単位認定試験を5週間ごとに行います。

 

このシステムにより、

 

・単位を修得している成果の明確さ。

・単位数の確認の利便性。

・卒業までの達成感を早く体感できる。

 

これらが実現可能になっています。

 

このような工夫がなされているのも向陽台高等学校の魅力でしょう。

 

学校生活の過程が長く感じてしまう人には、非常にいいシステムです。

向陽台高等学校の卒業生

向陽台高等学校の卒業生を覗いてみますと、

 

向陽台高等学校の卒業生にはプロのサッカー選手である

 

・ガンバ大阪 堂安律 選手

・日本代表で有名 宇佐美貴史 選手

 

が居ました。

 

向陽台高等学校の出身だったんですね。ビックリです。

 

他にも有名企業や有名な大学に進学しているのもまた事実です。

 

向陽台高等学校を入学したその後は?

向陽台高等学校の卒業条件を満たしましょう!

向陽台高等学校の入試に受かったら色々な事を考えなくてはいけません。なので卒業条件について考えてみましょう。

 

卒業条件として以下の2つが考えられます。

 

・三年間以上の在籍期間
・必須修得の教科・科目は全て修得し74単位以上を目指す

 

これらすべての条件をクリアすれば無事に卒業が出来ます。

 

少し慣れてきたら、

 

向陽台高等学校に入学して間もなく、多くの生徒が進路について考えていきます。

 

なので、就職や進学に興味が湧いてきたら進路の相談窓口(進路室)がありますので、進路指導専任の先生方に相談をしてみましょう。

 

努力が実り、充実した素晴らしい未来が待っていることでしょう。

 

結論(まとめ)

ここまでについてまとめたいと思います。

 

・評判について

「悪い評判」では、通学が大変で、学校が定時の17時に閉まります。部活は、部活動込みの高校生活を期待している人は物足りないです。コースによって校則がある、ないがあります。

「良い評判」では、先生は優しいです。自由なクラスでマイペースに学べる学校みたいです。乗馬やスノーボード研修などの体験ができます。女子の制服はとても可愛いです。

 

・学費について

5つのコースに分かれているのでそれぞれに合った学費を払っていきます。費用としては標準的な値段です。学費補助を絡ませればさらに減額も出来ます。

 

・入試について

入試は「面接」「面談」「書類」「作文」等による選考(登校型コースのみ学科試験(英・数)の実施)。入学試験の難易度はやや難しいです。

 

・学校の特徴について

様々な5つのコースが有り、自分に合った豊富なコース選びが出来る。「5週間ごと」の単位認定を採用している。

 

・入学したその後は

入学をしたその後は、三年間以上の在籍期間と必須修得の教科・科目は全て修得し74単位以上の修得を目指します。一定期間が過ぎると皆がみんな進路について考えるので、積極的に進路指導専任の先生方に相談をするよう心がけます。

 

以上がまとめになります。最後まで読んで頂きありがとうございました。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.