通信制高校の一覧

ヴィーナスアカデミー高等部って?評判・学費・入試を解説

単に高校卒業資格を取るだけでなく、専門的な知識を学べて、高校卒業と同時に美容のプロとして働くことができる学校、ヴィーナスアカデミー高等部

 

皆さんは、ヴィーナスアカデミー高等部に興味を持ってこのページを開かれていることと思います。進学を考えている方も多いかもしれませんね。

その時に気になるのが、その学校の実際の評判。

「公式ホームページではいいところしか書いてないけど、本当かな」

「サポート校みたいだけど、学費っていくらかかるの?」

「入試ってどんな形式なのかな」

この記事では、みなさんが気になっているであろう、これらの質問にお答えします。

この記事を読んで、ヴィーナスアカデミー高等部に対する不安と疑問をスッキリ解決しちゃいましょう。

 

ヴィーナスアカデミー高等部の評判

まずは、ヴィーナスアカデミー高等部の口コミを見てみましょう。

人気の学校らしく、いい口コミ、悪い口コミ、両方ともありました。

良い口コミ

「授業は現役のプロが行ってくれるので、本当に役立つ知識を身につけられる」
「髪型や服装の校則がないので、自分らしい格好で勉強できる」
「同じ目標を持った友達ばかりなので、やる気が出る!」
「週4日の授業なので、自分のペースで勉強できる」

美容系は特に知識の更新や流行り廃りの激しい業界。

 

でも、現役のプロなら、最新の技術や知識を教えてくれるので安心ですね。校則がないのは、さすが美容系スクールです。自由におしゃれして、スクールライフを楽しめます。

どの専攻もビューティケアに関するものなので、友達も同じ目標を持ったおしゃれな子ばかりになります。学校内だけでなく、友達間でも自分のセンスを磨くことができますね。

 

週4日しか授業がないというのもいいですね。自分の時間をたっぷり取ることができます。

悪い口コミ

「学費が高い」

「講師とすぐに連絡が取れない」

 

「学費が高い」と言われ、ええっ!?って思われた方、多いんじゃないでしょうか。どんなにいいスクールでも、学費が高くては通えませんよね。

結論から言ってしまえば、たしかに全日制や通信制の「高校」に通うより高くなります。サポート校なので、授業料の無償化がされませんし、他に通信制高校にも通う必要があります。

 

しかし、代わりにヴィーナスアカデミー高等部に通うことで、

「卒業後すぐに美容のプロとして働くことができる知識を得られる」

「美容に関する資格を得ることができる」

ので、結果としてはお得になるのでは?と考えられます。

(じゃあ実際にいくらくらいかかるのか?については、次の項目で説明しますので、そちらを参考にして下さい)

 

「講師とすぐに連絡が取れない」というのは、ヴィーナスアカデミー高等部の講師が現役でお仕事をされているプロの方である以上、ある程度仕方のないことなのかもしれません。

お仕事中にはスマホをいじるわけにはいきませんし、連絡が取れても、遠方へ出張中だったりするとすぐに確認できないこともありますからね。

プロの方に教わるからこその悩みですね。何事もギリギリにならないよう自己管理が求められますが、これも美容のプロとして働くためには必要な能力です。

 

ヴィーナスアカデミー高等部の学費

引用:ヘア&メイク専攻【ヴィーナスアカデミー高等部】

年間学費/入学費

ヴィーナスアカデミー高等部の学費は、

 

「入学金10万」「設備充当費20万」「授業料80万」「実習費10万」の合計となります。

合計…初年度学費込みで120万円

 

私立高校(全日制)の学費は、年間約100万円(学校教育費+学校外活動費で計算。文部科学省 平成24年度「子どもの学習費調査について」より計算)かかります。

それに比べたら、たしかに少し高いですね。

 

しかし、代わりにヴィーナスアカデミー高等部ではJNECネイリスト技能検定や日本メイクカラーカウンセリング検定、ヘッドスパセラピストなどなど…美容に関する様々な資格を取ることができます。

その数、在学中最大で24種類。

なんと、美容師免許を取ることまでできます(希望者のみ、別途費用がかかります)

 

普通科の高校に行くと、美容の専門的な知識を習おうとしたら、さらに専門学校やスクールに通わなくてはならなくなるため、もっと学費と時間がかかってきます。

それに比べ、ヴィーナスアカデミー高等部なら、卒業後すぐプロとして働くことができます。

 

そう考えると、むしろお得と言えるのではないでしょうか。

一度に払えない場合でも大丈夫

「そうは言っても高いよ…払えないよー」

 

ヴィーナスアカデミー高等部では、そんな人のためにいくつかの制度を紹介してくれています。国や銀行の教育ローン、各会社の学費クレジットなどがあります。

「親にローン組んでもらうなんて無理無理」

って思っちゃうかもしれませんが、大丈夫。

 

多くの教育ローンや学費クレジットで「据置期間」というものがあり、返還は卒業した後からでOKになっています。だから、卒業して、働き始めたら自分で返す…ということが可能なんです。

経済的に不安な点があっても、進学することができるんですね。

 

☆ヴィーナスアカデミー高等部は「高等学校」ではなく「サポート校」なので、無償化の恩恵は受けられません。また、就学支援金や育英会などの奨学金も借りられません。注意しましょう。

 

ヴィーナスアカデミー高等部の入試

入試について

ヴィーナスアカデミー高等部に入るには、3つのパターンの入試があります。

 

・AO入試

(一次試験)作文アピールor作品アピール→(二次試験)面接

☆不合格の場合は、他の入試方法での再受験が可能

・学校推薦入試

中学校の調査書or成績証明書

☆不合格の場合は、一般入試にて再受験が可能

・一般入試

ヴィーナスアカデミーにて受験(学力・感覚・作文・面接)

 

も一般的なのは名前の通り「一般入試」です

ですが、一般入試一回では、落ちたらどうしよう、体調を崩してしまったり、何かあったりしたら、と心配になってしまいますよね。

 

どうしてもヴィーナスアカデミー高等部で学びたい!という人は、

AO入試→学校推薦入試→一般入試 の順で受ければ3回も受験することができます。

また、ヴィーナスアカデミー高等部では入試対策説明会も行っており、参加すると入試科目が一部免除となる「特別入試」も開催されています。

どんな問題が出るのか、作文や面接で何が聞かれるのかが気になる人は、ぜひ参加してみましょう。

募集要項

ヴィーナスアカデミー高等部の入学資格は、

「中学校卒業(見込)の方、または、高校在籍経験者ならびに高校転学希望者」

募集定員は 東京校36名、大阪校30名(2020年度4月生) となっています。

 

「高校在籍経験者」「高校転学希望者」もOKなので、もう他の高校に入ってしまったという人でも大丈夫ですね。転入&編入ガイダンスもあるので、気になる人は是非オープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。

 

☆高校卒業以上の方には、系列校の「ヴィーナスアカデミー」があります。

遠方からでも通える

いきなり都会で一人暮らしはちょっと怖いかも、そんな子も多いハズ。

安心してください。ヴィーナスアカデミー高等部には提携している寮もあります。在校している生徒の半数は一人暮らしや寮から通っているんです。

地方相談会もあるので、まずは自分の家の近くの地方相談会へ行ってみるのもいいですね。

 

東京や大阪でオープンキャンパスに参加する場合も、無料で宿泊できる学生寮が用意されています。まずはオープンキャンパスに行ってみて、そこで相談してみるといいでしょう。

親子参加OKなので、ご両親と一緒に行って、ヴィーナスアカデミー高等部の魅力を知ってもらうこともできます。

 

ヴィーナスアカデミー高等部の評判・学費・入試まとめ

・授業は現役のプロに教えてもらえるし、自分のペースで勉強ができる

・同じ目標を持った仲間たちとお互いを高めあえる環境がある

・学費は確かに少しかかってしまうが、トータルでみるとむしろお得

・入試はAO、学校推薦、一般の3種類。最大3回の受験チャンスあり

・提携寮があるので、遠方からの進学でも安心

ヴィーナスアカデミー高等部には、トータルビューティ専攻、ヘア&メイク専攻、ネイルアート専攻、ファッション専攻、ビューティモデル専攻の5専攻があり、自分の夢に向けた勉強をすることができます。

憧れのプロにリアルな現場を教えてもらい、卒業したらすぐに自分もプロとして活躍できるような知識と技術を身につけることができるんです。

 

どんな授業が待っているのかワクワクしますね。

気になる人は、すぐに資料請求してみましょう。

 

 

 

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.