通信制高校の一覧

【通信制と定時制】富山県立雄峰高等学校の評判や学費と入試

高校選びで悩む親
雄峰高等学校へ転入を考えているのですが、学費や評判などはどうなのでしょうか?

 

富山県立雄峰高等学校の入学を検討している方や、これから転入や編入を考えている人も、

「評判ってどうなのかな?」
「学費はいくらかかるんだろう?」
「入試って難しいのかな…」

といった不安があるのではないでしょうか?

 

そこで、

この記事ではそういった人に向けて、

・通信制と定時制の実際の卒業者の方の口コミ
・通信制と定時制の学費と3つの特典
・通信制と定時制の入試情報とその対策

など詳しく説明しています。

 

事前に知っておいて少しでも不安を解消しておきたい!!という方はぜひ参考にして下さい。

 

富山県立雄峰高等学校と通信制課程と定時制課程の評判

では初めに悪い口コミについて

  • 通信制
  • 昼間定時制
  • 夜間定時制

上記の3つに分けて解説していきます。

悪い口コミ

雄峰高の悪い評判で特に多かった口コミをピックアップしてあります。

 

悪い評判の口コミには、

通信制        「公立なのでコースの選択肢が少ないです。自分に合った目的のコースが見つかりません。」

昼間定時制 「マナーが守れない人もいました。髪色やパーマ、授業態度の校則が厳しかった気がします。」

夜間定時制 「勉強は簡単だけど進学実績はあまりなく国立大学の進学にはあまり期待できないです。」

このような悪い評判がありました。

 

通信制の公立のコースの選択肢が少ないのは事情があり、それは学費によるものが大きいことが原因です。公立ではその分学費が大幅に安くなっています。自分に合った学校選びをすることが適切です。

 

昼間定時制の校則が厳しいとのことですが、この学校に限ったことではないのでその学校の風紀と捉えたり、社会に出る前の予行練習と思えばそんなに気になることもありません。

 

夜間定時制の口コミには「国立大学の進学にあまり期待できない」とありますが、実際のところ卒業された方の中に国立の金沢大学や放送大学に進学しています。本人次第で進学をすることができます。

 

悪い評判を元にどのような人に富山県立雄峰高等学校が向いているのかをまとめてみました。

 

そのピックアップした例が、

通信制        → シンプルに高校卒業資格を取りたい人
昼間定時制 → 規律に窮屈さを感じず風紀にこだわりがある人
夜間定時制 → 勉強に自信がない方

このようなものです。

 

もし悪い評判を聞いてあまり良く感じられない方は上記でピックアップしたものを参考にしてみて下さい。

 

続いて良い評判について解説します。

良い口コミ

雄峰高の良い評判で特に多かった口コミをピックアップしてあります。

 

良い評判の口コミには、

通信制        「先生がフレンドリーに接してくれます。周りをよく見てくださりこんな私にも優しかったです。この学校を選んで正解でした。」

昼間定時制 「私は不登校で最初は不安でいっぱいでしたが、みんな助け合う感じでいじめはありませんでした。むしろ自分と同じ経験をしている方が多いです。」

夜間定時制 「制服もありますが、私服での登校もokで自由です。髪色や髪型、ピアスなどもあまり注意されず校則は緩めでした。」

このような良い評判がありました。

 

通信制の良い評判では特に先生が優しく、積極的に声をかけてくれたり、全日制の学校と比べて一人ひとりを見てくれる工夫があって登校を継続することが出来たそうです。

 

昼間定時制では「いじめがない、むしろみんな助け合う」などに関しての口コミが多く、マナーが悪かったり暴言を吐くような人、授業態度が悪いなどの人はいない印象がありました。

 

夜間定時制の口コミで多かったのは校則が緩く比較的に自由なので身だしなみなどに縛られることがないとの意見が多かったです。

 

この学校を検討されている方のために、この良い評判に向いていると思われる人をそれぞれピックアップしました。

 

そのピックアップした例が、

通信制        → 厳しい教育よりも優しさ重視の授業を受けたい方
昼間定時制 → 以前にいじめを受けた方や不登校だった方
夜間定時制 → 校則に縛られず自由に高校生活を送りたい方

このようなものです。

 

通信制や定時制は全日制に比べると先生と関わる頻度が少ない分、関わりにくいと感じてしまう人もいるようですが、雄峰高等学校ではそんな心配はいりません。
教育カウンセラー

 

あくまでも一例ですが当てはまるものがあれば、上記でピックアップしたものを参考にしてみて下さい。

 

富山県立雄峰高等学校の通信制課程と定時制課程の学費

雄峰高の学費は通信制と昼間定時制、夜間定時制でそれぞれ学費が異なります。学費が1番高いのは夜間の定時制で夜間には給食があますので、給食費の分費用がかかり他よりもかかってしまいます。2番目に学費が高いのは授業料と諸経費に費用がかかる昼間の定時制になります。

 

最も費用にかかる項目が少なくシンプルな通信制の学費が一番安いです。

 

ここでは富山県立雄峰高等学校の通信制や昼間定時制、夜間定時制の学費以外にも富山県立雄峰高等学校で実施されている3つの特典について紹介します。

 

※下記は、通信制課程と定時制課程の学費の初年度総額を表した一覧表です。

通信制課程と定時制課程の初年度総額の費用

通信制

入学費 なし
授業料(単位取得料) 年間 1単位当たり300円
(25単位×300=7,500円)
諸経費 約14,000円
教材費(教科書・学習書代) 約8,000~18,000円
合計 約29,500~39,500円

昼間定時制

入学費 2,100円
授業料(単位取得料) 年間 1単位当たり1,620円
(25単位×1,620=40,500円)
諸経費 約14,000円
教材費(教科書・学習書代) 約5,000~7,000円
(入学時)制服・体操服代約78,000円
合計 約69,400~71,400円

夜間定時制

入学費 2,100円
授業料(単位取得料) 年間 1単位当たり1,620円
(25単位×1,620=40,500円)
諸経費 約67,000円
(給食費約54,000円含む)
教材費(教科書・学習書代) 約5,000~7,000円
(入学時)制服・体操服代約56,000円
合計 約101,500~103,500円

 

上記の3つの学費は初年度総額のものになります。一年間にかかる学費の総費用を表しています。実は公立の通信制や定時制って学費が安いって知ってましたか?

 

富山県立雄峰高等学校は公立なので通信制の学費は約3万~4万と非常に安く私立の通信制高校と比べると格段に学費が安いです。

 

昼間定時制と夜間定時制も約7万~10万と安く私立と比べると圧倒的に安いです。私立の通信制高校の初年度総額の相場は20万~80万が一般的なので公立はお金の出費で困る学生の方に助かりますね。

 

続いて3つの特典についての説明をしていきます。

雄峰高の3つの特典でお金を節約

少しでも学費を抑えたい方に向けて3つの特典について紹介します。

 

3つの特典とは富山県立雄峰高等学校で通信制課程と定時制課程で少しでも学費の費用を抑えるための措置になります。特にお金に余裕がない人や働きながら通う人に対してメリットがあります。雄峰高の特有の3つの特典を利用して学費を抑えていきましょう。

 

その3つの特典の内容を具体的にいいますと、

①通信制教科書と定時制教科書の無償化。
②夜間の定時制に出される給食費の無償化。
③所得税勤労学生控除を適用。

このような3つの特典が挙げられます。

 

①と②は分かりやすいので説明を省きますが、③の所得税勤労学生控除について分かりづらいと思いますので簡単に説明します。所得税勤労学生控除とは働いている学生の税金の負担を配慮して所得税と住民税などの税金を控除する制度です。

 

ただし、所得税勤労学生控除を適用して税金を安くするには一定の条件を3つ満たさなければなりません。

 

その3つの条件とは、

・勤労による所得がある方
・合計所得金額が年間65万円以下である方
・特定の学校の学生、生徒である方

このような3つの条件になります。

 

この条件に当てはまれば税金を安くすることが出来ます。

 

ちなみに1年間の税額では所得税が27万円、住民税が26万円も控除されるのでお得ですね。

 

3つの特典の話に戻りますが、上記で説明した3つの特典は有職者の方にメリットがあることを理解して下さい。

 

つまりこのように、

①有職者の方 → 通信制課程と定時制課程の教科書代 → 無償化
②有職者の方 → 夜間定時制の給食費 → 無償化 
③有職者の方 → 所得税の税金 → 安くすること出来る

有職者の方に待遇がよくなるシステムと言うことが分かります。なので雄峰高では働きながら学校に通うのが定番のようです。とってもお得な特典なので出来れば働きながら学校に通うことをおすすめします。その代償に費用を抑えることが出来ます。

 

このような取り組みが富山県立雄峰高等学校にありますのでぜひ活用してみて下さい。

 

高校選びで悩む親
学費が安いのにも関わらず、さらに安くなる特典があるなんてすばらしいですね!

 

富山県立雄峰高等学校の定時制と通信制の入試

入学を希望される方に出願方法や入学時期、選考方法 などを紹介します。通信制課程や定時制課程ではいつでも転入や編入が出来るわけでないので在籍している人は注意しましょう。

 

※転入や編入は補欠募集が、かかった時に限ります。

 

この学校では入学時期が前期と後期に分かれ4月と10月に募集をかけています。ちなみに高校卒業資格を持っている方は入学出来ませんので注意してください。

 

一覧表を作りました。参考にしてみて下さい。

 

※以下はその一覧表です。

出願資格 入学時期 出願方法 (選考方法)
新入学 中学校を卒業された方
または、卒業予定の方
前期・4月
後期・10月
作文・国語・面接
転入学 高等学校に在籍されている方
編入学 高校を中途退学された方

 

この一覧表を参考にして入試に備えて決めていきましょう。

雄峰高の入試は難しいのか?

一般的な通信制や定時制の入試試験では作文と面接、学科では国語、数学、英語の3教科のパターンが一般的です。

 

高校側が知りたいことは、その人の頭の良さをみると言うよりもその人がどこまで勉強を把握できているかを確認することが目的のようです。雄峰高も同じ目的で採否を確認します。

 

なので、雄峰高には偏差値というものが無いこともあり定時制課程と通信制の入試のテスト難易度は低く設定されています。比較的に簡単に入試を受けることができます。

事前の入試対策で自信をつける

雄峰高の選考方法のうちに作文と面接があります。この2つは通信制や定時制の入学する際の大きな判断基準になっており、実は学科の国語よりもその大半を見られることになります。2つについて気になると思われますので少し掘り下げて説明します。

 

以下その2つの説明になります。

作文

雄峰高の作文では基本的にお題やテーマが2つ出ることがあります。具体的には「学校生活に望むもの」や「卒業後の進路や夢」などです。作文を書く所要時間は30分に設定されていること多いので、気持ちをリラックスさせて余裕のあるコンディションで挑みましょう。

 

雄峰高の作文に対しての評価基準には3つのポイントがあります。

 

その3つのポイントとは、

・本校に対してどのような理解があるか
・あなたは雄峰高での学校生活をどのように考えているか
・学校側の目線で、作文に対する姿勢や真剣な態度、気持ちを評価

このようなものです。

 

雄峰高の入試に受かるための3つのポイントを意識して作文を書くだけで入学率のアップや評価に繋がります。

面接

雄峰高の面接では学力を見ると言うよりも面接でのその人の性格や面接態度が重視されています。

 

雄峰高の面接にも評価基準があり3つのポイントがあります。

 

その3つのポイントとは、

・雄峰高に対する志望動機を話す
・中学時代の学校生活を具体的に話す
・雄峰高を卒業するにあたり進学か、就職かを答える

など、このようなポイントを意識すると良いでしょう。

 

通信制や定時制の高校の大半は学科試験よりも面接、作文に力を入れることで採用率がグーンと上がりますのでぜひ意識されてみて下さい。

 

面接では緊張するとは思いますが、就職面接のように堅苦しいものではないのでリラックスして挑みましょう。
教育カウンセラー

 

富山県立雄峰高等学校の特長

富山県立雄峰校高等学は富山県富山市神通町に本校をかまえる公立の単位制高等学校です。生徒の中に略称で雄峰高呼んでいる人が多々見受けられます。通信制課程と定時制課程の2つを併設しており定時制課程では昼間と夜間に分かれているのが特徴です。

 

雄峰高では基本的に通信制課程も定時制課程も4年で卒業ですが、単位制なので多くの人は3年~6年もかかる場合があるそうです。

 

今言ったものをまとめると、

・○○制課程 → 通信制課程・昼間定時制・夜間定時制
・卒業目安 → 3年から6年

こんな感じです。

 

つまり、富山県立雄峰校高等学は1つの学校の中に通信制と昼間定時制、夜間定時制の3つの顔を持っていると言うことになります。このような特長が雄峰校にあります。

 

まとめ

ここまでの流れを各見出しごとにまとめました。

 

・富山県立雄峰高等学校の評判のまとめ

「富山県立雄峰高等学校の悪い評判と良い評判の最後に、その評判に対して向いている方をピックアップしたものを参考にして、この学校に自分が合っているかをしっかりと見極めると良い学校選びができます。」

 

・富山県立雄峰高等学校の学費のまとめ

「富山県立雄峰高等学校の魅力として、数ある通信制高校や定時制高校の中でも非常に学費が安いです。なので雄峰高は、学費にお金をあまりかけられない人に向いています。それと、3つの特典では有職者の方にメリットがあるので仕事をしながら学校に通いたい人に合っているので上手に活用しましょう」

 

・富山県立雄峰高等学校の入試のまとめ

「入試試験では学力を図るというよりもあなたの性格や本校に対して意欲、過去にどのようなことをしてきた人物なのかを見極められる傾向があります。そのようなことを意識するだけで入学率があがりますのでぜひ意識されることおすすめします。」

 

雄峰高は公立で学費も安く非常に魅力のある学校なのでお勧めします。高校卒業資格は大学進学や将来の目標の為にも必須なのでぜひ雄峰高で取得してみましょう。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.