高校中退

高校中退後に再入学することはできるの?進学や就職への影響は?

高校選びで悩む親
うちの子が高校を中退したんだけど、やっぱり再入学させてちゃんと高卒資格を取らせたいわ。でも、再入学とかしたことないから、分からないことが多くて…そもそも簡単にできることなのかしら?

 

「子どもが高校を中退してしまった。でも、せめて高校の卒業資格くらいはとって欲しい」

 

保護者であれば、誰もが思うことでしょう。

とはいえ、再入学は経験している人の方が少ないため、分からないことが多いのが事実でしょう。

 

そこで、今回は

 

・高校へ再入学は可能なのかする3つの方法

・進学や就職の有利不利

・高校を卒業する以外の高卒資格の取り方

 

について解説していきます。

 

高校中退後に再入学することはできるの?

ではさっそく高校中退後に再入学できるのかどうかについて、解説していきます。

そもそも日本には、

 

・全日制高校

・定時制高校

・通信制高校

 

と3種類の高校があります。

そして、全ての種類の高等学校に再入学することが可能です。

高校選びで悩む親
えっ、そうなの?それならよかったわ。

 

ただし、最初に結論だけお伝えしておくと、再入学に最も適しているのは、通信制高校です。

高校選びで悩む親
えっ、どうして?

 

その理由も踏まえて、一つずつ再入学の方法について紹介していきます。

全日制高校

まずは全日制高校に再入学する方法です。

全日制高校では一部の学校で高校中退者などを対象に募集をしています。

 

しかし、募集をしている学校はごくわずかであり、編入生(高校を中退して別の学校へ入学する生徒)の場合は、学力試験を受ける必要があります。

高校選びで悩む親
学力試験が必要なのね。難易度はどれくらいなの?

 

編入生の学力試験は、入学試験よりも難易度が高いため、一定の学力がなければ合格は難しいでしょう。

例えば次の表は、東京都の転入・編入試験の実施結果です。

 

学年 募集人数 受験人数 合格人数 合格率
第1学年 915 176 73 41.4%
第2学年 2.228 64 28 43.8%
第3学年 2.438 4 2 50%
合計 5.581 244 103 42.2%

引用元:令和元年度第二学期都立高等学校転学・編入学募集の実施結果|東京都教育委員会ホームページ

 

見て分かるように合格率は42.2%と全体の半分以下となっています。

運よく募集校が見つかっても合格できる可能性は低いのです。

 

さらに全日制高校は学年制であるため、2年生の時に中退した場合、2年次の単位は未修了なので、また新たに2年生として再入学することになります。

となると、年齢的には一つ以上したの子たちと同じクラスで学校生活を送ることになり、ほとんどの場合再び学校にいくことが苦痛になってしまいます。

 

このように全日制高校への再入学は、デメリットの方が多いのです。

定時制高校

次に「定時制高校」に再入学する方法です。

 

定時制高校は、全日制のような難しい学力試験はありません

一般的には簡単な学力試験や面接などが多いです。

 

また、最近の定時制高校は単位制をとる学校が増えており、学年に関係なく単位を取得すれば卒業できるようになっています。

ただし、卒業条件として、高校に3年間在籍する必要があります。そして中退してしまった場合、その学年の在籍期間は無効となります。そのため、例えば2年生の途中で中退した場合は、最低でも2年間は編入先の高校に通う必要があります。
教育カウンセラー

 

そのため、再入学のハードルはかなり下がってきたと言えます。

高校選びで悩む親
それは嬉しいわね。それじゃあ定時制でもいいんじゃない?

 

ただし、定時制高校の場合、授業は主に夕方〜夜になります。

仕事をしながら通うのであれば、それでも良いでしょうが、もともと昼間に通学していた生徒が、急に夜間に学校に通うようになると、やはり精神的負担になる場合があり、結果的に再び学校へ通えなくなるケースも出てきます。

 

定時制高校への再入学は、お子様が夜間学校でもしっかり通えるのかをしっかり見極めた上で検討してください。
教育カウンセラー

通信制高校

最後に通信制高校です。

 

通信制高校は定時制高校と同じで、難しい学力試験はなく、基本的には書類選考や面接で合否が決まります。

そして、通信制高校は高校中退者なども多く受け入れているため、合格できる可能性は非常に高いです。

 

また、通信制高校の場合は単位制となるため、学年は関係なく、必要な単位を取得すれば卒業することができます。

ただし、定時制高校と同様、3年間以上の在籍が必要となります。
教育カウンセラー

 

高校選びで悩む親
でも、それなら定時制高校と同じじゃない?

 

たしかに単位の取得方法などは、定時制高校と変わらない部分が多いかもしれません。

しかし、通信制高校の最大の特徴は、通学スタイルを選べるところです。

普通科の学校のように平日は毎日通えるコースから、年に数回の通学のみで残りのほとんどは自宅で学習するコースまで学校ごとに様々なコースが用意されています。

高校選びで悩む親
それは良いわね。

 

実際、一度中退した後に、通信制高校に通うことで社会に復帰できた人もたくさんいます。

 

一度退学してくれた生徒を温かく受け入れてくれるが、通信制高校です。特にお子様の学習面や精神面が原因で中退してしまったのであれば、通信制高校はオススメです。
教育カウンセラー

 

高校に再入学した場合でも進学や就職に影響はない?

高校選びで悩む親
高校に再入学できることは分かったけど、再入学した場合、やっぱり進学や就職は難しくなるわよね?

 

高校を中退してしまうと、どうしても進学や就職は難しくなると思ってしまいますよね。

しかし、ご安心ください。

高校を中退して再入学した場合でも、進学や就職は十分に可能です。

 

実際、中退してから大学へ進学している人はいます。

 

今は決まったレールの上を走らなくても、成功する方法が多々ある時代ですので、頑張ろうという気持ちがあれば、希望の進路を実現することができます。そういう点では、高校を中退したからといって、決してマイナスに考える必要はありません。
教育カウンセラー

 

とはいえ、それでも不安に思う保護者の方は多いと思います。

そんな保護者の不安を払拭してくれるのも、通信制高校です。

通信制高校は、高校中退者などへも進学や就職できるように親身になってサポートしてくれます。

 

業界に進みたい人、進学したい人などそれぞれの希望を実現させるために、進路相談スタッフが、生徒一人ひとりと 進路カウンセリングを何度も行います。生徒の将来の夢や、やってみたいことを一緒に考えて、最適な進路選択をフォローしています。

引用元:フォロー体制 | 通信制高校のヒューマンキャンパス高校

 

大学進学以外にも、お子様の希望進路を実現するためにしっかりサポートしてくれるのが通信制高校の特徴です。
教育カウンセラー

 

進学や就職に関して、しっかりとしたサポートを受けたいと考えている方にとっては、通信制高校はオススメです。

 

高校中退後に再入学しなくても大学へ進学する方法もある

大学進学を検討している方であれば、高校へ再入学する以外にも、「高卒認定試験」を受けるという方法もあります。

高校選びで悩む親
高卒認定試験?

 

高卒認定試験は文部科学省が年2回、8月と11月に実施する試験です。

合格すると高卒認定が得られ、大学や専門学校などの進学ができるようになります。

高校選びで悩む親
学校に行かなくても高卒の資格が得られるのはいいわね。

 

ただ、注意したいのが全日制などの高校に通って得られる「高卒資格」と、高卒認定試験を受けて得られる「高卒認定」には違いがあります。

高校選びで悩む親
どう違うの?

 

高卒資格は3年間の学習を修了したとして学歴に記載できます

高卒認定は高校を卒業した者と同等の資格を得ただけなので、学歴は中卒扱いになります。

 

つまり、大学に進学や短大などへ進学しない限り、「高卒認定」はただの資格扱いになってしまい、学歴としては残りません。

就職を希望している場合は、高卒認定ではなく、高校へ再入学して、高卒資格を取得することを目指すようにしてください。
教育カウンセラー

 

まとめ

今回は再入学、高卒認定試験について解説していきました。

 

まとめると、

・全日制高校は一部の学校でしか再入学を募集しておらず、学力試験も難しい

・定時制高校は、入学試験はあまり難しくないが、募集人数が少なく、夜間に通う必要がある

・通信制高校は高校中退者も多く募集していて、難しい試験もないのでオススメ。

・高校に再入学しても、通信制高校では手厚いサポートがあるので進学や就職も安心。

・学校に行きたくない人は、「高卒資格」と同等の資格を得られる「高卒認定試験」を受けるのも一つの方法。

です。

 

高校中退後でも様々な選択肢があるので、自分に合った方法や学校を見つけてください。

-高校中退

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.