通信制高校の一覧

明秀学園日立高等学校(通信制)の評判,学費,入試の指南書

「明秀学園日立高等学校のことを詳しくしりたいなぁ」

こういったことで悩まれている方がいるのではないでしょうか。

そこで、

「明秀学園日立高等学校の評判」

「明秀学園日立高等学校の学費」

「明秀学園日立高等学校の入試」

この3つについて説明していきます。

必ず役に立つ記事なので最後までお読みください。

 

明智学園日立高等学校はどんな学校?部活動が強い!

まずは明秀学園日立高等学校について知りましょう。

見なくても良い方は飛ばしてもらって構いません。

では、行きましょう。

明秀学園日立高校は、茨城県日立市にある私立高校です。前身は1925年に設立された助川裁縫女学校となっており、1996年に明秀学園日立高校と名称を変更して、男女共学の教育を開始しました。全日制と通信制を設置し、部活動においては、バスケットボールなどの運動系に力を入れており、女子バスケットボール部はインターハイに連続出場するなど実績を重ねています。出身の有名人としては、スポーツ選手を多く輩出しており、バスケットボール選手の矢代直美や石川麻衣などがいます。

引用先:みんなの高校情報 明智学園日立高等学校

スポーツの強豪校ですね。有名選手を輩出しています。

ここで注意していただきたいのは全日制の部活動での話ということです、

通信制は別の部活動として独立しています。

通信制の部活動

全ての部活動を見ていきます。

部活一覧

・バスケットボール部(男子、女子)

・卓球部

・バドミントン部(男子、女子)

・柔道部

・その他同好会

正直少ないといった印象でしょうか。

しかし、通信制といえど全国にいくような強豪であることには変わりないです。

通信制でも部活を頑張りたいという方には向いているでしょう。

 

評判はいい?

様々な評判がありますので見ていきましょう。

まずは良い評判を見ます、

全日制の高校と通信制高校が併設しているので空気的にはすごく明るいと思います。特にかかわる事はありませんが。

雰囲気が明るいことはとても大事ですね、登校へのモチベーションにも繋がります。

僕以外もそれぞれの事情で毎日学校に通うことができない生徒が在籍していて、様々な生徒がいますがみんな個性的で、話してみると面白い生徒が沢山います。人間関係も特に問題なくてみんな性格がいいので楽しく過ごしています。

友達も沢山できそうですね。

いきなり全日制高校へ入学するのは中学生の頃、引きこもりだった私からするとかなりレベルが高かったのですが、明秀学園日立高等学校の通信は全日制高校と併設だから助かりますね。通信制高校に入学し慣れたら全日制高校に転入しようと思っています。引きこもりから徐々に脱却できればなと考えています。

全日制と併設なので、このように転入できるのも明秀学園日立高等学校の魅力の一つですね。

 

次に悪い評判を見ましょう、

やはり何かしらに問題があって通っている子がいるのでトラブルが起きることはあります。

どうしても、たまに問題が起きることがあるようです。

 

評判まとめ

・雰囲気が明るい

・生徒が個性的で楽しい

・全日制に転入も可能

・たまにトラブルが起きることがある

楽しい雰囲気が作られているといったところでしょうか。

高校生活を楽しみたい!といった方々にとても合うと思います。

 

また、通信制での成績が優秀で推薦に値する人物と認められれば、全日制に転入することが可能なのも魅力の一つですね。

 

トラブルに関して言及すると、やはり通信制で色んな悩みを抱えて登校する人がいるでしょうから仕方ないのかなと思います。

ただ、いじめ関連の評判は聞きませんので、安心してほしいです。

 

学費は良心的

さて、続いて学費を見ていきます。

入学金 0円
施設費 36,000円
教育振興会費 30,000円
授業料 9,000円/1単位
教科書・教材費 8,000円程度
行事参加費 行事により異なる(自由参加)
検定学習費 4,000円(一般コース選択者のみ)

 

1年25単位で考えると、平均170,700円です

ここに就学支援金(4,812円/1単位)で引くと、104,700円で通うことが可能になります。

 

注意

就学支援金の対象条件は世帯年収約910万円未満

正直、安いです・・・。

この安い理由は、全日制と併設していて、施設の共有ができるので、

施設費のコストを削減しているからですね。

明秀学園日立高等学校のメリットでしょう。

ただ、本当に安いのかよくわからないと思うので、他の通信制高校と比較します。(安さで厳選しています。)

八洲学園高大学国際等学校 116,000円
N高等学校  129,000円
代々木高等学校 150,000円
明秀学園日立高等学校 170,700円
ヒューマンキャンパス高等学校 190,000円

他の安い通信制高校と比べてみても、名を連ねていられるので、安いといっていいでしょう。

学費に関しては、良心的なので安心して選んでいただきたいです。

 

入試の難易度

明秀学園日立高等学校の入試の選考内容は書類選考および面接試験です。

学力試験はありませんので安心してください。

では、具体的にどの程度であれば合格できるのか見ていきましょう。

書類選考

必要書類としてはこの二つがあります。

(1)入学志願票(用紙A)
(2)中学校生徒調査書(中学校指定用紙を使用)

基本的には、この書類が全部揃えば通過しますね。

面接試験でどういった事を聞かれる、説明しなければいけない?

聞かれる事を予想すると、

・卒業まで頑張れる自信はあるか
・通信制の高校を選んだ簡単な動機

ですね。

一つ目は卒業するつもりだという意思表示を伝えることができれば大丈夫でしょう。

二つ目だと、登校日数が少なくて済むから、なんていったことを答えてもさほど問題はないです。

この面接試験で大事なことは、

卒業する気はあるのか、

が一番ではないでしょうか。

入試のまとめ

・書類選考は必要な書類をしっかり揃える。

・面接試験は頑張りたいという気持ち、通信制に入りたい理由、を簡単に答える。

これをおさえておきましょう。

私立の通信制なのできっと入学できます。

そんなに心配する必要はありませんよ。

 

学習コースのバリエーションが豊富

引用先:明秀学園日立高等学校 通信制課程 一般コース

明秀学園日立高等学校の通信制の学習コースには、

・一般コース

・キャリアコース

・アシストコース

の3つがあります。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

一般コース

一般コースは週2~3登校+αが基本のコースです。

生徒同士で和やかに学習していくため、分からないところも気軽に質問できるだけでなく、 何より自立した学習意欲やコミュニケーションスキルが自然と身に付きます。

全日制のように通いたい!友達と楽しく学びたい!という方におすすめのコースですね。

 

キャリアコース

キャリアコースは月2日程度登校+αのコースです。

年間数日の集中スクーリングと学校行事や進路ガイダンス等での登校もありますが、なんといっても自由な時間がたくさんあります。

アルバイト、部活動、予備校、資格取得、オーディション、趣味などそれぞれが自らの夢の実現のために有効活用することができますよ。

 

アシストコース

教員が自宅に直接向かい、レポート作成等の支援を行うコースです。

不登校や集団生活が苦手な人、働きながら学ぶことを希望する人、自分の生活習慣で学習したい人など、 様々な環境のもとで高校卒業を目指し学習する生徒たちをトータル的にバックアップして、 安心して学習に取り組めるように、主に自宅学習に重きを置いてサポートを行います。

引用先:明秀学園日立高等学校 通信制課程 アシストコース ひと月の学習例

上の図のように家庭訪問を行いながら、スクーリングに参加するといったような形です。

学校に行くことが難しい方でもマイペースに通うことが可能でいいですね。

 

注意

別途コース学費がかかります。(アシストコースのみ)

学費 24,000円+交通費(1kmあたり10円換算)/月額
学習教材教材費 24,000円/年間

 

最後に

いかかでしたか?

以下に内容をまとめると、

ポイント

・雰囲気が明るくて楽しい

・全日制に転入も可能

・良心的な学費で安心

・入試は楽に構えてOK

・好きなコースを選ぶことが可能

といった感じですね。

学費も安いですし、自分でコースを選ぶことも可能なので進学はしやすい方ではないでしょうか。

ただ、他にもたくさん高校はありますので、

是非他の高校も比べてみて納得のいく高校を選んでください!

あなたの高校生活が少しでもHAPPYになることを願っています。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.