通信制高校の一覧

【嘘なし】志学会高等学校の評判、学費、入試の疑問について解説

高校選びで悩む親
志学会高等学校はリーズナブルで、勉強のサポートもしっかりしていると聞いたのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
そうですね。志学会高等学校は通学日数に関わらず費用の変動がないのでその点安く通える通信制高校です。費用やサポート面以外でも気になるところがあると思うので志学会高等学校についてご紹介していきます!
教育カウンセラー

 

志学会高等学校に入学を検討されている方の中には、評判や学費、入試などについて詳しく知らない人もいるかと思います。

 

「志学会高等学校の評判ってどうなのかな?」

「通信制高校は学費が高いイメージだけど志学会高等学校の学費はどのくらい?」

「志学会高等学校の入試ってどんなの?」

 

といったさまざまな不安があるのではないでしょうか?

 

この記事ではそういった人に向けて、

 

・評判

・学費

・入試

・入学後

 

など詳しく説明しています。

 

事前に知っておいて少しでも不安を解消しておきたい!!という方はぜひ参考にしてください。

 

志学会高等学校の評判ってどうなのかな?

関東だけでも通信制高校は沢山あるのでどの高校にしようかと悩んでしまう方も多いと思います。そんな沢山ある通信制高校選びで重要になってくるのは、実際の生の声や口コミなどの評判ではないでしょうか。

 

口コミや評判は、在校生の方々が実際に学校の体験をしているためどの情報よりも説得力がありますよね。通信制高校を選ぶ時に迷ってしまう人は評判を基準に判断すると良いでしょう。

 

そこで今回は、志学会高等学校の様々な評判を3つにまとめてみました。

 

・志学会高等学校の悪い評判

・志学会高等学校の良い評判

・志学会高等学校の生徒の評判

 

では以下の3つの事柄について本記事で解説していきたいと思います。

志学会高等学校の悪い評判

悪い評判は以下のようなものがありました。

 

・「年間スクーリング日数が多いですね。」

・「不登校支援サポートがないのがちょっと。」

・「校則がほとんどなくスケジューリングも自分でしなければならないので自己管理ができないと卒業が難しいですよ。」

 

結論から言いますと、志学会高等学校の評判についてどうやら誤解されている方が多いようです。なぜなら、年間スクーリング日数が多いのは、必須授業、特別活動、希望者校外研修などスクーリング工程が多いことが原因のようです。

 

なのでもし通信制高校選びで年間スクーリング日数にこだわりがない方や、全日制や定時制のように登校する頻度を求めている方にとっては、馴染みやすいかもしれません。

 

私も定時制高校の出身なのですが、卒業した経験からするとやっぱり学校に通って友達とたくさん笑って楽しいことを経験して学校に通った方が、充実感を味わえた気がします。

 

ですので、スクーリング日数が多くても登校日数が増えて学校に行く価値はありそうです。

 

不登校支援サポートがないのは、志学会高等学校の先生方の親身さや、献身的な対応のおかげかもしれません。

 

その代わりにメールや電話、手紙などで先生がサポートしてくれます。このように面倒見がいいことがこの学校の魅力的な特徴なのではないかと思います。

 

スケジュール管理を自分でしないといけないのは仕事などで忙しい人にとってスケジュールを組む暇がないため、 厳しい問題のようです。

 

しかしながら、スケジューリング管理を自分で行うのは志学会高等学校の理念に基づいているのではないかと私は思います。

 

自らのペースでレポートに取り組み計画的に学習を積み重ねていくことを選んだ生徒や、不登校経験や中途退学してきた生徒たちが自分のペースで学びなおしをする居場所として、寛大な気持ちがあるようです。

 

頑張らなくてもいい、我慢しなくてもいい、そう生徒に話せるのが目標のようです。これが志学会高等学校の最大の魅力なのではないかと思います。

志学会高等学校の良い評判

良い評判は以下のようなものがありました。

 

・「すごく居心地のよい環境でしかも、学校の雰囲気はいい意味で暖かく無事卒業することができました。」

・「マイペースに勉強をすることができ、無事3年間で卒業。クラスで一緒になった子とは今でも仲の良い関係です。」

・「イベント授業のときは全学年合同なので一緒になるんですけど、みんなそれぞれ和気あいあいとしていました。クラスでは生徒同士でのコミュニケーションが積極的でした。」

・「いろいろな生徒がいたと思うですけど、そんな生徒どうしでも、お互いを受け入れている感じがしたので、いじめとかはなかったと思います。また、積極的でない生徒にも生徒同士、気配りを行いみんなで協力する姿勢がみられました。

・「この学校では生徒に対して親身になってくれる先生がいたので何でも話すことができました。勉強でわからないことがあった時も怖がらずに頼ることができるようになったおかげで、学校の成績もだんだんとあげていくことができました。

 

志学会高等学校の良い評判では、非常に先生方の対応が好評のようです。 全日制や定時制のように授業を淡々と進めるのでなく、親身に一人ひとりの学習をサポートしてくれます。

 

先生方は、勉強の遅れがある生徒に復習をさせていく意識を持たれています。 その甲斐もあって卒業をする生徒たちは、勉強の苦手意識がなくなるみたいです。むしろ、勉強が好きになりもっとやりたいに変わるそうです。

 

もし中学生や小学生の授業を忘れてしまっている方でも、 先生が一から教えてくれます。なので高校の授業に、ついていけなくて心配と思っている方でも安心です。

 

これから通信制高校を受けようと思っている方で勉強の遅れが気になる方は、この学校は非常に合っています。

 

先生方は献身的なので、精神面で落ち込んだり、悩んだりする人にもいい学校みたいですね。

 

志学会高等学校では、いじめに関して特に悪いクチコミはありませんでした。

 

それは様々な事情で学校に来られる方にとって同じ気持ち同士の人たちが集まり共感できることが良いのでしょう。

 

そしてイベント授業の希望者校外研修では、全学年が合同で行います。そんな状況の中でも生徒と生徒同士がコミュニケーションを取り合う姿はこの志学会高等学校ならではの魅力なのではないでしょうか。

 

志学会高等学校には進路相談サポートがあるので進学や就職といった将来のことについてお考えの方にも非常に良いみたいですね。

志学会高等学校の生徒の評判

こちらは志学会高等学校の男性のインタビュー動画になっています。

 

実際に学校に通われている方のインタビューなので学校の雰囲気が分かるかと思います。是非参考にしてみてください。

 

 

こちらは志学会高等学校の女性のインタビュー動画になっています。

こちらも是非参考にしてみてください。本校を選んだ理由?、学校の雰囲気?、将来の夢は?、に生の声で答えています。

 

 

以上が、志学会高等学の評判ってどうなのかな?についての説明でした。

 

通信制高校は学費が高いイメージだけど志学会高等学校の学費はどのくらい?

続いては、気になる志学会高等学校の学費について以下の2つをご紹介していきます。

 

・志学会高等学校の学費は高いのか安いのか?

・志学会高等学校の学費補助とは?

 

それでは紹介していきたいと思います。

志学会高等学校の学費は高いのか安いのか?

志学会高等学校の学費は、結論から言いますと安いです。

 

通信制高校の学費は、

 

・通学のない通信コースメインの学費は安くなる
・通学メインのサポート重視の学費は高くなる

 

このような傾向にあります。

 

平均的な通信制高校のスクーリングコースは全部で3つあるのですが、

 

それぞれ、

 

・週1日通学コース

・週3日通学コース

・週5日通学コース

 

に分かれているんですけども、 年間の学費が、

 

・週1通学コースでは約25万円
・週3通学コース では約40万円
・週5日通学コースでは86万円

 

もかかってしまいます。

 

志学会高等学校のスクーリングコースでは、少し他とは違うんですけども、普通は週3日通学コースでも合計で約40万程かかってしまいます。

 

ところが、

 

志学会高等学校の週2日スクーリングコースでは、入試選考料15000円を含めても合計で約27万円です。この金額は集中スクーリングコースも変わりません。

 

なので、数ある通信制高校の中でも志学会高等学校の学費は安い方となります。

 

ちなみに、志学会高等学校のスクーリングコースでは二つのコースに分かれており、

 

・週2日スクーリングコース

・集中スクーリングコース

 

の二つの中から選ぶことになっています。これらによって内容が変わっていく方式です。

 

これから紹介する一覧表は初年度総額目安となります。なお入学選考料15000円は別途となりますので、ご注意ください。

 

※この一覧表は初年度総額目安です。

 

項目 金額 備考
入学金 10,000円
施設費 20,000円
指導関連費 10,000円
授業料 220,000円 (1単位8,800×25単位)
合計 260,000円

 

入学金10,000円、施設費20,000円、指導関連費10,000円、授業料220,000円(1単位8,800×25単位)、の合計が260,000円です。なお、入学選考料を含めると総合計は275000円になります。

 

もし志学会高等学校に入学した場合、通学を希望される方がいれば相談をしてくれるそうです、それと、教科書等の料金代は別途になります。なので教科書代も予算の頭に入れておいてください。

 

なお寄附金等も一切ないです。そしてやむを得ない事情で入学を辞退される場合については、納入された学納金は返金してくれるそうです。なのでそこは安心です。

 

支払い方法で、「一括なのか分割OKなのかなど、支払い方法に関しては公表していないようなので気になる方は問い合わせてみてください」

志学会高等学校の学費補助とは?

通信制高校に通うとなったらやっぱり気になるのは学費ですよね。高いのか安いのか一括払いではなく分割払いはできるのか、色々と気になることがあると思います。できれば学費が安い学校に行きたいですよね。

 

志学会高等学校では学費の負担を減らしてくれる3つの学費補助制度があります。これによって授業料を大幅に安くすることができます。

 

その3つというのが

 

・「高等学校等就学支援金」

・「埼玉県授業料軽減補助金制度」

・「奨学のための給付金」

 

こういうものになります。

 

以下は、高等学校等就学支援金、埼玉県授業料軽減補助制度、奨学のための給付金とはについてのまとめになります。

 

・高等学校等就学支援金は国公私立を問わずに高等学校や専門学校等に通う生徒に向けて授業料を支援してくれる支援金です。

 

・高等学校等就学支援金に上乗せする形で、授業料や施設費等納付金、入学金の軽減保証を行なってくれるのが、埼玉県授業料軽減補助金制度になります。

 

・奨学のための給付金とは、授業料以外になってしまうのですが、教育費の負担を減らすために、教科書や教材費などの教育に必要な経費を給付してくれる給付金制度です。

 

 

これら三つの制度により授業料を大幅に減らすことができます。

 

なので、学費が高いなと迷っている方ならのお得な制度だと思います。

 

志学会高等学校の入試ってどんなの?

それでは一番最後に、志学会高等学校の入試について2つ紹介したいと思います。

 

その2つとは、

 

志学会高等学校の選考方法や持ち物とは?

・志学会高等学校の入学したその後は?

 

こういうこと、についてです。

 

それではまず選考方法についてです。

志学会高等学校の選考方法や持ち物とは?

通信制高校の入試の選考方法ってどんなものなんだろって気になりますよね。それと、もし入試に受かったらその後はどうすればいいのかなどあります。

 

なので、ここでは選考方法、入試に受かったら考えることについて説明していきます。

 

まず志学会高等学校では選考方法と定員数として、

 

・面接と作文

・定員数は140名

 

これらの方式を採用しています。

 

もし勉強に不安で採用試験に学科があったら諦めようかなと思っていた人もこの高校なら大丈夫です。

 

作文を書いて面接を終わらせるだけですからね。

 

合格発表は選考試験が終わった後、3日以内に郵便での通知をしてくるそうです。ただし、選考試験が終わってから7日を経過してもまったく通知がない場合はこららからのアクセスが必要になります。

 

その際は電話で連絡すれば大丈夫だそうです。 志学会高等学の電話番号→ 0480-38-1810 ここにアクセスして下さい。

 

入試については必要なものとして志学会高等学校のホームページに記載されている資料請求にアクセスしてください。ここに詳しい情報が書かれいます。

志学会高等学の資料請求→ https://shigakukai.asj-hosting.net/lp01/#link06

 

志学会高等学校の入学したその後は?

志学会高等学校の入試に受かって入学することになった場合いろいろなことを考えなくてはいけません。まずは最初に卒業条件について考えていきましょう。

 

卒業するにあたって、これら3つの卒業条件が必要です。

 

・3年間以上の在籍期間
・必須修復の教科・科目は全て修復し74単位以上習得
・特別活動では3年間で30時間以上参加

 

志学会高等学校では通算で3年間以上の在籍期間が必要になります。そのため、必須修復の教科・科目は全て修復し,74単位以上習得することを目指していきます。そして、74単位以上を習得することができれば無事に卒業することができます。

 

それとスクーリングの特別活動では3年間で30時間以参加する必要があるそうです。(1年間で10単位は必須です。)これらの条件を満たせば、3月末または9月末に卒業することができます。

 

志学会高等学校に入学して一定期間がすぎると学校に通っている人達は皆がみんな進路について進学について考えるそうです。なので進路や進学に興味が湧いてきたら、充実した進路相談サポートがあるので、積極的に活用していきましょう。

 

進学については、志学会高等学校の専門学校や大学の推薦入試枠があるのでこれを活用するといいでしょう。志学会高等学校は介護・福祉系の事業を展開しているのでそのパイプのおかげもあり、就職しやすい環境が整っているそうです。

 

結論(まとめ)

高校選びで悩む親
通信制高校は費用が高くてサポートも手薄なイメージでしたが、イメージが覆されました。この学校なら安心して子どもを通わせることができそうです!
志学会高等学校は自由にのびのびと高校生活を送れて、先生のサポートもしっかりしています。また、やりたい事にチャレンジできる環境が整っているので親としても安心できる学校ですよね。
教育カウンセラー

 

では最後にここまでの記事をまとめたいと思います。

 

・志学会高等学校の評判ってどうなのかな?

・通信制高校は学費が高いイメージだけど志学会高等学校の学費はどのくらい?

・志学会高等学校の入試ってどんなの?

 

の、まとめについてです。

 

志学会高等学校の評判ってどうなのかな?

●志学会高等学の評判は、悪い評判ではレポート学習がメインでしたい人には不向き、不登校・引きこもりがちな人には向いていないです。

 

●良い評判では、進学や就職といった将来のことについて考えている人にとっては良いみたいです。マイペースに勉強ができて、友達もほしいという人には良いです。

 

●先生に関して志学会高等学校は親身で献身的な先生方がいらっしゃるので、勉強で分からないことがあっても積極的に話しかけることができます。

 

●精神的にに不安に思っている人にはいい学校です。

 

通信制高校は学費が高いイメージだけど志学会高等学校の学費はどのくらい?

結論→志学会高等学校の学費は安い。

●志学会高等学の学費は学費補助制度を利用し、給付することによって大幅に授業料を減らすことができます。学費で通信高校の選択に迷っている方にとっては良い学校です。

 

 

志学会高等学校の入試ってどんなの?

●志学会高等学の入試は選考方法が作文と面接なので、学科試験があって入試を諦めてしまっている人にとっては選びやすい学校です。

 

志学会高等学校の入学したその後は?

卒業条件について考えていく。3年間以上の在籍期間が必要。必須修復の教科・科目は全て修復し,74単位以上習得、特別活動では3年間で30時間以上参加する。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.