通信制高校の一覧

コードアカデミー高等学校の評判は?学費・入試も詳しく解説!

高校選びで悩む親
うちの子を、コードアカデミー高等学校に入学させようか、考えているんですけど、評判ってどうなの?

長野県にあるコードアカデミー高等学校は、日本では珍しいプログラミング科目が必修の通信制高校です。特色のある学校なので、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

・実際に通っていた人たちからの評判はどうなんだろう。

・学費がどのくらいかかるのかを詳しく知りたい。

・入学試験はどんな内容なのかな。

 

今回は、コードアカデミー高等学校に興味を持っている人へ向けて、3つの観点で簡単に紹介していきます。

 

コードアカデミー高等学校の評判

コードアカデミー高等学校では、授業カリキュラムをこなすことで確実に3年で卒業することができるようになっていることから、高い評価を集めています。下の3つの要素が、3年での卒業を可能にしてきたコードアカデミー高等学校の特徴です。

 

・充実したサポート体制

・学習を継続しやすい校風

・卒業後を見据えた学習

 

これらの3つの特徴を詳しく紹介していきます。

充実したサポート体制

通信制高校の学習方法は、通信添削の課題に取り組むことが中心になります。しかし、全てを自力で頑張るというのは難しいですよね。そこで、コードアカデミー高等学校では様々なサポート体制を整えています。

プログラミング学習のサポート

コードアカデミー高等学校ではプログラミング学習が必修となっています。プログラミングと聞くと「難しいそう」「できるか不安」と感じる人が多いのではないでしょうか。でも、コードアカデミー高等学校ならこのような不安もなく、授業を開始することができます。

なにもかもが初めての状態からのスタートでしたが、わかりやすい授業でとても楽しく学ぶことができました。(Aさん)

知識だけでなく実践的な学習もあり、充実した時間を過ごせます。(Bさん)

学校の目玉であるプログラミング学習は面白いが、その他の授業は特段良いというわけではなく別の通信制高校とさほど変わりがないと思います。(Cさん)

 

コードアカデミー高等学校の大きな特徴であるプログラミング学習は、パソコンに慣れている生徒はもちろん、初心者の生徒にも対応したものになっているので安心して学べます。

高校選びで悩む親
今人気のプログラミング学習を、初心者でも学べるのは嬉しいわね

 

しかし、プログラミング学習以外の科目は他の通信制高校と変わりがないので、プログラミング学習に興味がない人は、あえてこの高校を選ぶ必要はないです。

 

先生への質問はパソコンを通した対面での授業や、チャットを利用することでできるようになっています。

 

未経験の分野を勉強することは不安でいっぱいになりますが、コードアカデミー高等学校ならまるですぐ近くで先生が教えてくれる感覚で学習を進められるので、スムーズに技術を習得できます。

不登校経験者に優しいサポートシステム

通信制高校と言えども、スクーリングがありますので、「直接人と会う」ことが必要になってきます。コードアカデミー高等学校ならその時も、不安を感じることなく過ごすことができます。

先輩が優しく話しかけてくれ、不安になることなくスクーリングなどに通うことができました。(Dさん)

転校前に在籍していた学校の単位を考慮しながら授業を進められたので、単位を取得しやすかったです。(Eさん)

 

編入・転入生でも3年で卒業できるようなカリキュラムを作れることもコードアカデミー高等学校の特徴です。

高校選びで悩む親
うちの子でも、ちゃんと卒業できそうね

 

また、在籍している生徒の中には、中学校時代に不登校を経験し中学の学習が終わっていない人もいます。そのような生徒のために中学校の学習を振り返る授業も行っています。このように不登校経験者への手厚いサポートがあれば、高校生活が安心で充実したものになりますね。

信頼できる先生

通信制高校では在宅学習が中心になるので、先生とのコミュニケーションが不安ですよね。でも、コードアカデミー高等学校ならその不安も解消することができますよ。

先生たちは生徒一人ひとりにしっかりと向き合ってくれ、安心した学校生活を送れました。(Fさん)

先生には何でも相談できます。受験校を決めるときも親身に話を聞いてくれました。(Gさん)

先生は生徒に自由な時間で好きなことをすることを推奨してくれるので、コンテストへの出場や企業でのインターンに積極的に関わることができます。(Hさん)

 

また、就職や進学の相談はもちろん、日々の目標設定をし充実した生活が送れるような環境が整っているとの評判もあります。

先生と相談しながら、各種検定にも挑戦できました。英語検定・数学検定・理科検定など様々な検定を受けることができ充実した学校生活を送れました。(Iさん)

高校選びで悩む親
先生がしっかりしているって聞くと、安心できるわよね

 

信頼できる先生と学校生活を送ることができるので、自分の目標を決め、その達成まで努力できることがこの学校の魅力ですね。

学習を継続しやすい校風

コードアカデミー高等学校は、生徒が過ごしやすい環境が整っていると高い評判を集めています。

私は転校してきましたが、クラスメイトは思いやりのある人ばかりだったのですぐに打ち解けることができました。(Jさん)

パソコンが好きということもあってか、同じ趣味を持つ仲間がたくさんできました。(Kさん)

初めてのスクーリングでは直接人と会うことが怖かったのですが、普段からネットの授業を通して顔を合わせている仲間だったので、楽しんで授業を受けることができました。(Lさん)

 

全日制高校での授業や対人関係で悩んだ経験のある生徒も在籍しているので、互いに不安な気持ちを察知し、思いやりながら過ごせるのがコードアカデミー高等学校の特徴です。これなら、授業も楽しく受けられ、単位の取得を順調に進められますね。

 

また、コードアカデミー高等学校には校則がありません。制服や出席の制限がないことも過ごしやすさの秘訣です。

将来を見据えた学習

将来の目標に「エンジニアになること」「IT企業で働くこと」を掲げている生徒が多いのが特徴ですが、他にもアプリ開発の分野で起業することや進学を目指す生徒もいます。

進路希望と模試の点数を見極めながら受験校を決めていける環境があるので、落ち着いて進路選択することができました。(Mさん)

 

実際、有名な大学に進学している生徒が、多々います。

合格実績(一例)

慶應義塾大学、早稲田大学、日本大学、神奈川工科大学、東京工業大学、公立大学法人長野大学、立正大学

引用 コードアカデミー高等学校 公式ホームページ

 

自分の時間を大切にできる校風のコードアカデミー高等学校だからこそ、受験勉強をする時間を多く確保することができるんですね。

 

進学校ではないので授業外での学習も必要になってくることが考えられますが、不登校の経験のある生徒への進学支援も行っている学校なので、進学する上での基礎はしっかりと備わっています。

初心者でもプログラミングを学べることはもちろん、それ以外の部分でも先生の手厚いサポートを受けることができるのが、特徴の学校です。ただし、強いのはプログラミングなので、大学進学となると、自分での勉強がかなり必要になります。
教育カウンセラー

 

コードアカデミー高等学校の学費について

高校選びで悩む親
プログラミングって聞くと、なんか学費が高そうなイメージなんだけど、実際どうなのかしら?

たしかに、プログラミングスクールは、通うとかなりお金がかかるところが、多いので、コードアカデミー高等学校の学費がどうなのかは、気になりますよね。ここで、コードアカデミー高等学校の学費を、紹介します。

入学金(入学時) 100,000円
授業料 10,000円(1単位)
教材費 3,000円(1科目)
教育充実費 50,000円

※卒業には74単位以上の修得が必要です。(3年以上の在籍で)

普通科科目 50単位
プログラミング科目 24単位

※授業にはパソコンやプリンターが必要になります。

※入学時期によって各費用が異なってくるので、受験前に要確認です。

※別途、教材費とスクーリング宿泊費が必要です。(履修科目による)

※学費の補助として高等学校等就学支援金制度を利用することができます。

 

表から計算すると、コードアカデミー高等学校の学費は、年間40万~50万円程度となり、多の通信高校と比べると、少々高いことが分かります。

ただ、普通科科目に加えてプログラミングを学べることを考えると、お得な金額設定になっています。

プログラミングを本気で学びたいと考えているのであれば、十分価値があるといえます。

スクーリングについて

長野県にある本校キャンパスへ行くことになるので遠隔地の生徒にとっては大変そうですが、年に2回のスクーリングで良いので、少ない負担で利用することができますね。

時期 夏季、冬季(年2回)
場所 本校キャンパス(長野県上田市)
内容 集中スクーリング、試験(1週間程度の宿泊を含む)

 

コードアカデミー高等学校では学習会日という日を設定しているので、登校してレポート学習に取り組むこともできます。先生や仲間と直接会ってコミュニケーションをとってみたい人には魅力的ですね。

 

コードアカデミー高等学校の入学試験

高校選びで悩む親
学校の魅力は分かったけど、入試はどうなのかしら?うちの子合格できるかしら・・・

 

コードアカデミー高等学校では年に二回、入学試験を受けることができます(編入学・転入学試験は随時受付中)。自分のペースに合わせて試験を受けられるのは魅力的ですよね。

募集要項

コードアカデミー高等学校の入学試験は、面接がなく書類選考のみです。面接が苦手だと感じる人でも安心して試験を受けることができますね。その代わりに入学選考課題を提出する必要があるので、出願前に要確認です。

地域 東京、埼玉、千葉、神奈川、長野に居住している者
定員 240名(男女)
出願資格 中学校を卒業見込み・既卒の者

編入学・転入学も受け付けている

出願期間 第一期 2月1日~4月15日(4月入学希望者)

第二期 8月4日~10月6日(10月入学希望者)

編入学・転入学の希望者は随時受付中

出願方法 願書に必要事項を記入し、出願書類とともに郵送で提出
出願方法 入学願書、調査書、入学選考課題

編入学・転入学希望者はその他書類を提出する必要あり

選考方法 書類選考
合格発表 願書の受付から10日前後に郵送で通知

※入学検定料に10,000円が必要です。

課題といっても、決して難しいものではありません。入学を希望される場合は、安心して出願してください。
教育カウンセラー

 

コードアカデミー高等学校のアクセス

最後にコードアカデミー高等学校の住所を確認しておきます。

長野県上田市にはもう一校、別の通信制高校があるので、間違いないように注意してください。

長野県上田市中央1-2-21

JR・しなの鉄道・上田電鉄「上田駅」お城口より徒歩4分

 

キャンパスまでは、駅から徒歩5分以内なので通いやすいですね。

 

まとめ

コードアカデミー高等学校はプログラミング科目が必修の通信制高校です。入学から3年で卒業できるカリキュラムが魅力的な学校ですが、このシステムを支えているのが、

 

・充実したサポート体制

・学習を継続しやすい校風

・卒業後を見据えた学習

 

の3つです。

 

また、コードアカデミー高等学校の学費は他の通信制高校とあまり変わりませんが、高等学校等就学支援金制度を利用することで安く設定することができます。

入学試験は、面接がない書類選考のみとなっており、誰でも受けられやすくなっています。年2回の出願期間があるので、自分のタイミングで受験することができます。

 

コードアカデミー高等学校は、独自のカリキュラムとサポート体制で注目されています。パソコンに興味のある人・自由な時間で好きなことに打ち込みたい人には理想的な学校ですね。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.