通信制高校の一覧

【目的別】英語を本格的に学べる通信制高校5選*迷わず決まる

高校選びで悩む親
通信制高校でも、英語を専門的に学べる学校ってあるのかしら?
近年語学に力を入れる学校が増えている背景もあり、意外にも多くの学校で学ぶことができます。
教育カウンセラー

しかし一口に英語と言っても、

学校によってカリキュラムや力を入れているポイントが違うので、

どの学校を選べばいいのか、迷ってしまいそうですよね。

 

「ゆくゆくは海外で仕事したい!」

「留学して、海外生活を経験してみたい!」

「就職試験に有利になるように英検を取っておきたい!」

 

など、英語を勉強する目的は人それぞれ。

そして、自分の目的にあった学校を選ぶことが何よりも重要です。

 

そこで今回は、英語を専門的に学べる学校を目的別に5校ご紹介します。

 

英語を学ぶならココ!おすすめ通信制高校5選

最近では、グローバル化が進むにつれて英語のニーズがますます高まっていると言えます。

 

冒頭で触れた通り、通信制高校でも英語の専門コースを設けている学校は少なくありません。

しかし学校によってコミュニケーションを重点としていたり

資格取得をメインにしていたりと特色は様々。

どうせ通うなら、自分の目的にあった学校で学びたいですよね。

 

今回は以下の通信制高校の英語教育の特色について、ご紹介します。

・クラーク国際記念高等学校

・N高等学校

・ルネサンス高等学校

・ヒューマンキャンパス高等学校

・勇志国際高等学校

 

卒業生のクチコミと共に、順に見ていきましょう。

①英語漬けの毎日が送れる! クラーク記念国際高等学校

オーストラリアにもキャンパスがあるので、海外留学をする生徒も多い。自分も中学校までは英語がそれほど得意ではなかったが、インターナショナルコースに入って毎日英語を見聞きするようになってから、すんなりと英語が聞き取れるようになり、TOEICでスコア900を取得することができた。

 

海外の大学への進学者を毎年多数輩出している、クラーク記念国際高等学校は

週5日通学型のインターナショナルコースが開講されています。

(東京・名古屋・大阪梅田キャンパスのみ)

 

インターナショナルコースでは、1日3~4時間も英語に関する授業があります。

さらには、担任はネイティブが受け持つため、日常会話も英語で行われるという徹底ぶり。

”英語を学ぶ”ではなく”英語で学ぶので

リスニング力も飛躍的に伸びていきそうですよね。

 

「英語を極めていきたいけど、ついていけるか心配だな」という方も、

レベル別にクラスが分かれているので、無理なく自分のペースで英語力を高めていけます。

 

また、オーストラリアにもキャンパスがあり

希望者はが語学力に関係なく、短期・長期の留学ができます。

さらに、ニュージーランドの国際大学IPUとも連携しているため、

将来は海外でキャリアを築いていきたいという方も安心ですよね。

 

毎日通学する方が苦にならないことが条件となりますが、

英語漬けの毎日を送りたい人、海外大学への進学も視野に入れている

クラーク記念国際高等学校がおすすめです。

高校選びで悩む親
まさにグローバルな環境ね!
将来留学も視野に入れているのであれば、実績のあるクラークがオススメです!
教育カウンセラー

②国際教育プログラムが魅力的! N高等学校

スタンフォード大での学生生活に興味があり、このプログラムに参加したかったのでN高に入学することに決めました。実際に日本では聞きなじみのない”クリティカルシンキング”の授業を通して、英語の文法力がついたのはもちろん、文化の違いを痛感し、自分自身の学びになることがたくさんありました。

 

入学式がVR(バーチャル・リアリティー)で行われたりと

時代の最先端を追求し続けるN高等学校。

 

N高等学校のすごいところは

あのスタンフォード大やオックスフォード大と提携し

世界中から集められた優秀な生徒と共に、国際プログラムに参加できる点です。

(日本の高校からは、慶応藤沢高校、灘高校、早稲田実業高校とN高校だけが参加可。)

 

生徒の興味に応じて、創造性やリーダーシップを培っていけるプログラムが用意されており、

世界レベルの教育を体験することができます。

 

またN高校の英語の授業は、

「話す」「聞く」「読む」「書く」と言った4技能をバランスよく学ぶことを重視しており

独自のオンライン教材をはじめ、

実際に欧米の学校でも使用されている、児童文学などを用いるのも魅力の一つ。

 

さらに、ネットでネイティブ講師と英会話レッスンができるので

自宅にいながらもスピーキング力を高めていくことができます。

 

スクーリング時は、習得度別に先生1人に対して生徒5人までという少人数制で行われるので

間違いを恐れることなく、気軽に英語を話せそうですよね。

 

英語のコミュニケーションスキルを磨きたい方はもとより、

国際水準の教育に興味がある方にもN高等学校はおすすめと言えます。

③大手英会話スクールと提携! ルネサンス高等学校

ルネ高は登校日数が少なく、タブレットやスマホで授業を受けたりできるのが魅力的。おかげで、長期で留学に行きながら3年で卒業できたのがよかったです。

 

登校日数が年に最低3日で済むのが大きな魅力である、ルネサンス高等学校。

レポートもタブレットで提出できるので

長期留学しつつも、3年間で高校を卒業することが可能です。

 

さらにルネサンス高校は、全国に約250校ある英会話スクールのAEONと提携し、

お得に英会話レッスンを受講することができるのも魅力的。

AEONへの入学金全額免除に加え、月々の月謝も10%オフで通うことができます。

 

学校で英語を学ぶというよりは、

提携先のAEONとダブルスクールしながらスキルを磨くというイメージですね。

 

ちなみにAEONは、担任制なので

カウンセリングを通して生徒の学習状況をきちんと把握し、

上達まで丁寧にサポートをしてくれると評判です。

 

また様々なレッスンが開講されているので

日常英会話TOEIC対策講座など、自分の目的に合わせて選択できます。

 

お得に英会話を習いたい方や、高校に通いながら長期留学したい方

ルネサンス高等学校を検討してみると良いですね。

 

高校選びで悩む親
海外にいながら日本で高卒資格も取れるなんて、すごいわね。
このような学校は、比較的珍しいといえます。
教育カウンセラー

④「聞く」「話す」を極める! ヒューマンキャンパス高等学校

中学英語の基礎から始めるので、英語学習が負担になるということはなかったです。外国人講師とのスカイプでのオンラインレッスンはマンツーマンなので、間違いを恐れることなく話すことができ、先生もとても優しいので、毎回楽しかったです。

 

インプットとアウトプットのバランスが大切とされる英語学習。

 

ヒューマンキャンパス高等学校の英会話コースは、

オンデマンド教材などで、ネイティブスピーカ―の発音をインプット(リスニング)した後に、

オンラインレッスンを通して、実際にアウトプット(スピーキング)してみるという

バランスの良いサイクルで英語力を高めていけるのが魅力的です。

 

自分の習得度に応じて、

その都度カリキュラムを組み替えることができるので

無理なく英語学習を進めていけるのも、安心ポイントですよね。

 

さらに、通学コースを選択した場合は

生徒同士でロールプレイなども積極的に取り入れているので

発話量も増え、着実に英語での実践力をつけていくことができます。

 

まずは、リスニング・スピーキング力を伸ばして、

外国人とコミュニケーションをとれるようになりたいという方におすすめの学校です。

 

ちなみに英検対策コースのあるキャンパスもあり、

過去問対策や英会話のレッスン等を通して、英検2級の取得を目指すことも可能です。

⑤TOEFL対策・留学サポート万全! 勇志国際高等学校

アメリカの大学に進学するために必要なTOEFLの対策を高校でしっかりできたのはよかったと思います。卒業後はハワイの大学に進学し、リーディングやライティングが毎日宿題で出されていますが、高校で学んだことが生かせていて、そんなに苦になりません。勇志国際高等学校に通ってよかったと思っています。

 

英語圏の高校や大学への進学をする際に必須のTOEFLの対策に力を入れている、勇志国際高等学校。

国際コースでは、ネイティブ講師が面接対策を、日本人講師が文法や問題演習を担当しています。

 

英検にも対応していて、全く英語がわからないという方でも、

無理なく準1級レベルまで引き上げるカリキュラムが組まれています。

 

さらに勇志国際高等学校の国際コースは、diBec海外大学日本事務局により提供されているので

海外の高校・大学への留学のサポートも抜群

夏休みの短期留学はもちろん、卒業後に海外の大学だって目指せちゃいます。

 

ただし、英語のレッスンは週2回のみなので

本気で海外の大学に進学したいという方は、独学も必須と言えるでしょう。

 

TOEFLスコアをアップさせて、海外の高校や大学に留学したいという方

勇志国際高等学校も選択肢の一つとなるのではないでしょうか?

高校選びで悩む親
英検準1級は、将来何かと役に立ちそうね!
就職する際にも、大きな強みになりますよ!
教育カウンセラー

 

まとめ

いかがでしたか?

英語を重点的に学べる通信制高校をご紹介してきました。

 

《本記事のまとめ》

・海外大学への進学を視野に、毎日本格的に英語を学びたい→クラーク国際記念高等学校

・世界有数の名門大学の教育に興味がある!→N高等学校

・在学中に長期留学したい!英会話スクールにお得に通いたい!→ルネサンス高等学校

・まずは楽しく外国人とコミュニケーションをとれるようになりたい!→ヒューマンキャンパス高等学校

・海外高校や大学へ留学したい!TOEFL対策を徹底したい!→勇志国際高等学校

 

英語はことば。

普段、日本語に囲まれて生きている私たちが

英語を習得するにはそれなりの時間と努力を要します。

 

目的なく受け身でいる限り、

どんなに素晴らしいレッスンを受けても、長期留学をしようとも、

残念ながら、英語を話せるようにはならないはず。

 

英語を習得できるか否かは、

結局のところ、自分次第と言っても過言ではありません。

 

どの学校を選ぼうと、

自分の目標達成に向けて、ぶれることなく努力していくことが大切です。

 

この記事をご覧いただいた皆さんが、語学力を磨いて世界へ羽ばたけるよう、応援しています。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.