通信制高校の一覧

【日本最大】クラーク記念国際高等学校の評判、入試、学費

通信高校を考えたことのある人なら誰でも一度は目にしたことのある「クラーク記念国際高等学校」

 

全国に11000人以上の生徒を持つ、日本最大の通信高校です。全国64か所にキャンパスがあり、コースも様々。通信制でありながら全日制と同様に制服を着て通学する「全日型教育」という新しいスタイルも開発・導入しています。カリキュラムも柔軟性があり、様々な生徒に対応している学校です。

それ故にネットでは良い評判、悪い評判と様々な口コミが飛び交っています。

 

高校選びは将来につながる大きな一歩ですから様々な正確な情報がほしいですよね。

そんなあなたにクラーク記念国際高等学校の、

はてな

  • 「実際のところ評判はどうなの?」
  • 「入試は難しい?内申点は?」
  • 「気になる学費はいくらくらい?」

といった疑問にお答えしていきます。

 

クラーク記念国際高等学校の評判はどうなの?

結論クラーク記念国際高等学校(以下クラーク高校)は11000人以上が在籍しているマンモス校です。それ故に悪い評判も多いですし、良い評判も多いです。

  • 先生に対する評判
  • 通学スタイルに対する評判
  • コース・専攻についての評判
  • 進路に関する評判
  • 制服の評判

それぞれの項目ごとの評判について説明していきます。

先生に対する評判

通信高校を選択する人は、

    • 中学は不登校や体調を崩して通えなかったが、高校へ行きたい。
    • 高校で馴染めず中退してしまった。または転入したい。
    • 高校を卒業せず就職や結婚、出産を経験したが、高卒の資格が欲しい。
    • スポーツ活動や芸能活動に専念しながら学校生活を両立させたい。
    • 自分のペースで勉強したい。得意なことに力を入れて伸ばしたい。

こういった方が多いのではないでしょうか。

こういった方すべてにクラーク高校は対応してくれます。生徒それぞれの夢をかなえる手助けをしてくれるでしょう。

その手助けをしてくれる先生方は「学習心理支援カウンセラー」の資格を取得。授業力研修や教職員学力テストも実施しているそうです。

先生方に対する評判として、このようなものがありました。

  • 良くも悪くも先生との距離が近く、親身になって相談に乗ってもらうことができた
  • 例外もあるが、概ね理解のある先生が多い
  • 心理カウンセラーの資格を持っているような感じはしない
  • 親身に生徒と向き合っている先生はいるが、その様な先生には多くの生徒が募り「一対大勢」。目が行きにくい現状

先生方に対する評判は二極化しています。先生も生徒も人間ですからもちろん合う合わないは人それぞれあるでしょう。ですが、先生が学習心理支援カウンセラーの講義を受けていることは生徒の変化などにいち早く気が付くきっかけになっているのではないかと思います。

 

先生との相性問題はクラーク高校だけに限らず、どんな高校でも起こりえます。生徒が担任の先生を選べるパーソナルティーチャー制度があるので、上手く活用しましょう。

通学スタイルに対する評判

クラーク高校には通学スタイルがいくつか用意されています。

大きく分けて、「通学型」「通信型」です。

通学型は週1~5日で選択できます。また、学校への通学に不安がある人は通信型からスタートさせても良いと思います。年度ごとに通学スタイルを変更できるようなので、徐々に学校に慣らしていくといったこともできるでしょう。

学校へ通学することに対して問題がなければ、全日型(週5日)だと様々なコースが選べます。

詳しいコース内容はこちらをご覧ください→「クラーク記念国際高等学校公式ホームページ」

 

通学スタイルに対する評判はこちら

  • 中学、不登校だったが、自宅で無理することなく自分のペースで勉強できた。学ぶことの楽しさを知ることができた
  • 自分のペースで学べる事がメリットである反面、計画的に勉強出来ない人には向きません
  • 学習は強制されませんので、殆どの人が挫折。全日制の卒業率が90%以上であるのに対して、通信制は20%もない
  • 全日コースがあるのは良かった。普通の高校のように通うことが出来る

通信型は特に計画的に勉強をこなしていく必要がありそうです。自分一人で勉強が難しそうという人は週に1回でも通学するコースの選択がよさそうです。

 

キャンパスは限られますが、通信型にはこのようなコースもあります。

自分にあった通学スタイル、学習スタイルを選択できるのはうれしいですよね。クラーク高校の自由度が高いといわれる所以はここにあるのかと思います。

コース・専攻についての評判

全日型にはこれだけの様々なコースがあります。

インターナショナルコース/専攻、海外大学進学コース、クリエイティブコース(ゲーム・プログラミング専攻)、クリエイティブコース(AI・ロボット専攻)、情報コミュニケーション専攻/IT専攻、パフォーマンスコース、演劇表現専攻、声優・放送専攻、マンガ・イラスト専攻、美術デザインコース、クリエイティブコース(アート専攻)、クリエイティブ(デザイン専攻)、保育・福祉・心理コース/専攻、スポーツコース(硬式野球部)、スポーツコース(女子硬式野球部)、スポーツコース(フットサル)、スポーツコース(女子バレーボール部)、スポーツ教育専攻/健康スポーツ専攻、スポーツコース(eスポーツ専攻)、ペット生命科学コース、グローバルサイエンス専攻、食物栄養コース、特別進学コース/専攻、総合進学コース

多いですね。幅広いジャンルを網羅していると思います。まずは気になるコースがあれば、具体的にどのようなコースなのか、自分の通いたいキャンパスで受けられるコースなのかどうかを調べてみてください。

こちらで調べられます→「クラーク記念国際高等学校 公式ホームページ」

 

コースに関する評判はこちら

  • 自分のやりたいことに合ったコースやプランを選べるのがいい
  • 自分の受けたいコースが自分のキャンパスにない
  • 宿題が多いが、英検合格率も高い(インターナショナルコース)
  • 舞台公演が一言でいえば凄い!プロ並みのレベル(パフォーマンスコース)
  • 色んな経験を積んで自分を出せるようになった。在学中に声優デビューした。(クリエイティブコース声優専攻)

高校生のうちから自分の学びたいことを学べるということは将来役に立つこと間違いないです。これを書いている私も専門性のある高校を卒業しました。そこで得た経験や知識によって周りと差別化できることが大きな魅力です。社会に出たときも即戦力となるでしょう。

キャンパスによって対応しているコースが違うため、必ず確認しましょう。また、コースは途中で変更もできるようです。途中で違うことを学んでみたいなと思ったときにコースを変更できるのは良いですね。

各コースに関する評判や口コミはあまり多くは見受けられませんでした。そこで、生徒たちの様子の活躍の場面を見てみましょう。

様々なコースでの生徒たちの活躍の場面

TwitterやInstagramでのリアルな生徒たちの様子を見てみます。

https://www.instagram.com/p/B4Tn9rlnWuz/?utm_source=ig_web_copy_link

https://twitter.com/scwfukushi/status/1069835322324746240

評判は少ないものの、ネット上にてクラーク高校の様子はたくさん知ることができます。いずれも専門性が高そうな様子が伺えます。

専門性を身につけることによって、大学のAO入試も有利になるのではないかと思います。

進路に関する評判

2019年の進学実績は

北海道大学、大阪大学、広島大学、東京芸術大学、お茶の水女子大学、ロンドン芸術大学、国際大学IPU New Zealand、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、国際基督教大学、学習院大学、同志社大学、立命館大学、南山大学、西南学院大学、日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学、室蘭工業大学、秋田大学、埼玉大学、和歌山大学、山口大学 などなど

書ききれません。

これまで、東京大学や京都大学、名古屋大学などの国立大学や、MARCHなど有名私立大学への進学実績が豊富です。4年生大学への進学を希望している人には嬉しいですよね。

また、早稲田大学、上智大学、法政大学などの推薦枠が300以上あることも強みです。卒業率は98%、進学決定率は92%という数字を見てもクラーク高校のすごさがわかります。

 

さらに、クラーク高校は国際教育にも力を入れていて、留学サポートやネイティブ講師による授業、TOEICや英検対策もしっかりしています。資格取得や、進学するにあたってプラスに働くのではないでしょうか。

 

進路に関する評判はこのようなものがありました。

  • よほど勉強しないとまともな大学には行けない。専門学校へ就職や就職も多い
  • 進路に関して先生の主観で話されることあり。自分の軸をしっかりもつことが大事
  • 指定推薦枠を狙うのであればほぼ希望通り進学できる
  • 一般入試を狙うのであれば、大学受験対策は不足しているため塾などでのフォローが必要
  • 卒業後は養護教諭の教員免許を取り、母校である東京キャンパスで働いている

評判の声をみると、有名大学への進学は推薦枠やAO入試を利用しての進学が多いのかなと思いました。中にはしっかりと勉強して一般入試で入学する人もいるでしょう。どの選択をするにせよ、将来自分がなりたいものに向かって努力することはどこの学校に在籍してようと関係ありません。クラーク高校という場所を上手く利用していくことが夢への近道なのかもしれません。

制服の評判

引用:「クラーク記念高等学校 公式ホームページ」

これは、通学スタイルにもよりますが、スクーリングには制服が必要です。

クラーク高校の制服に関する評判は、

  • 可愛い
  • 良いと思う
  • 制服の崩した着こなし、化粧は禁止

といったもので、概ね高評価でした。特に女子生徒からの評判が良かったです。男女ともに好印象なデザインです。

クラーク高校では「制服を正しく着る」といった生活指導をしているため、極端にスカートを短くしたり、指定以外のリボンやネクタイを使用することは禁止のようです。

 

クラーク記念国際高等学校の入試は難しい?内申点は?

結論通信制だからといって、誰でも入学できるわけではありません。

 

入試に関する評判では、このようなものがありました。

  • 中学時代不登校の生徒もいるので内申点はないと思う
  • 高校で何をやりたいかが大切だと思う
  • 出題は中学1~2年生レベル

入試の点数よりも、「クラーク高校に入って何がしたいか」「将来、自分はどうありたいか」という目指すビジョンを明確にもっていることが大切かつ重要なポイントです。中学時代に学校へ通うことができなかった生徒も受け入れているため、中学生時代の欠席日数などはあまり重要視していないのではないかと思います。

 

人気のキャンパスであったり、その年によっては定員を超えることも考えられます。

まずは資料請求をし、学校説明会や個別相談会に予約して参加が必要です。その後、入試となる流れですが、国語・数学・英語の3教科の学力試験+保護者同伴の面接を行っているキャンパスが多いようです。学力試験の内容は中学校で習った範囲が中心となって出題されます。

 

入試についてははそれぞれのキャンパスによって試験内容や方法が違うため、必ず受験したいキャンパスに問い合わせてみてください。

 

クラーク高校は社会のルールやマナーを身につける生活指導も行っています。常識を逸脱した服装や髪型だと入学は厳しいでしょう。

 

クラーク記念国際高等学校の学費はいくらくらい?

結論キャンパス、コース、通学スタイルにより、一人ひとり学費が異なります

そのため、詳しい学費については、各キャンパスにお問い合わせください。通う日数が多くなる程学費は高くなるようです。また、全日型を選択した場合は、制服代などもかかります。

 

こちらは、深川本校の初年度額になります。目安としてご参照ください。

クラーク記念国際高等学校年間学費(北海道本校分)【初年度】

金  額
入学金 10,000円
入学検定料 5,000円
授業料 118,800円
施設設備費 13,000円
合計 146,800円

 

学費に対する評判は、こちらです。

  • 高い
  • コースによっては年間100万~150万円かかる

学費に対して「高い」という評判、口コミが多数見受けられました。

 

奨学金制度や高等学校就学支援金制度も各キャンパスで利用できます。一部のキャンパスでは、独自の学納金減額制度もあるようですので学費や減額制度については各キャンパスに問い合わせてみると良いでしょう。

 

学費に関しては確かに安くはありません(深川本校であれば比較的安い印象です)。その分、全日制の学校のようにスクーリングし、部活や体育祭などの行事もあります。生徒数をみても「安くはない学費を払ってでも行かせたい学校」と思っているご家庭が多いのではないでしょうか。

 

クラーク記念国際高校の評判、入試、学費 まとめ

  • 先生との相性は人それぞれあるものの、教職員はスキルアップすることに力をいれている。
  • 多様なコースや、通学スタイルにより、自分にあった高校生活を送れることや、専門性のある授業を受けられる。
  • 制服が人気。学校では正しく着ることを指導している。
  • 将来の目標など、自分がどうなりたいかを決めておくことが重要。
  • キャンパスやコースによって一人ひとり学費は異なるため、各キャンパスへの問い合わせが必要。

自分のやりたいこと、目指したいことに向けて、自分のペースで勉強ができる。だからこそ自分の強い意志が必要になってくる学校と言えるでしょう。

 

クラーク高校は全国に64ものキャンパスがあります。各校舎、各キャンパスの先生の質、選択コースにより雰囲気や授業の質にバラツキがある事は間違いないでしょう。なので必ず資料を請求し、実際に通うキャンパスを自分の目で見て、良いと感じた時に入学を決めてもらえたらと思います。

クラーク高校を検討している方の参考となれば幸いです。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.