通信制高校の一覧

【業界最安値】鹿島朝日高等学校の評判・学費 ・入試を徹底解説

高校選びで悩む親
鹿島朝日高等学校は沢山のコースがあって専門的な学習ができる通信制高校と聞いて息子の入学を検討しているのですが、実際の評判や入試で気をつけることなどが知りたいです。

 

鹿島朝日高等学校への出願を考えた時、

 

「評判はどうなんだろう?」

「学費はどのくらいかかるかな?」

「入試は難しくないかな?科目は何だろう?」

 

といった疑問が出てくると思います。

人生の一大イベントである高校進学で、学校選びを失敗したくないですよね。

もしも学校の雰囲気になじめなかったら、せっかくの学校生活が台無しです。

 

そこで本記事では、

 

  • 評判
  • 学費
  • 入試

 

についてしっかり解説していきます。

「思っていたのと違う!!」という事態を避けるためにも、しっかり読んでおきましょう。

 

鹿島朝日高等学校の評判

鹿島朝日高等学校は47都道府県どこからでも入学が可能な通信制の高等学校です。

コースが豊富で、やりたいことが実現できる学校として公式HPで紹介されています。

 

では実際のところ通っていた人たちによる評判はどうなのでしょうか。

まずは悪い評判から見ていきましょう。

悪い評判

気になる悪い評判は下記のとおりです。

1点ですが、通信制高校としては重たい評判です。

 

悪い評判

  • 不登校など生徒に問題が出た時に対するフォローに不安がある。

 

通学にあたって問題が出た際は、解決を家庭に任せるような方針だったようです。

通信制高校では生徒それぞれが問題を抱えていることも多いため、強い不安要素と言えます。

学校説明会ではっきり確認しておきましょう。

良い評判

学校生活全般においてよい評判が見られます。

具体的には下記のような内容です。

 

良い評判

  • 授業が分かりやすく、楽しく取り組むことができた
  • コースが充実していて自分に合った学び方を選ぶことができる
  • 先生やカウンセリング等、相談方法がたくさんあり手厚くサポートしてもらえる
  • 学校の設備が充実している

 

自分に合ったコースを選び、わかりやすい授業に取り組むことで学習内容が定着していくようです。

もともと嫌いだった勉強が好きになったというケースもあるので、指導力の高さがうかがえます。

 

様々なコースが設置されていて、そのための施設・設備が充実しているようです。

専門的な学習に臨むときも安心ですね。

 

学校での相談方法の充実については悪い評判と矛盾しているように見えます。

ですが二つの評判から予防には力を入れていて、事件が起きてからの動きに弱いことが読み取れます。

繰り返しになりますが、説明会で具体的なケースを提示して対応を確認しておきましょう。

 

鹿島朝日高等学校の学費

鹿島朝日高等学校の学費は年間で263,000円(初年度)です。

内訳は下記のとおりです。

 

初年度の学費

  • 入学金 50,000円
  • 施設費 24,000円
  • 通信費・諸経費 5,000円
  • 授業料 175,000円※
  • 教材費 9,000円

※授業料は1単位あたり7,000円。3年間で74単位必要なため1年25単位で計算

 

2年目からは入学金がなくなりますので、年間約21万円となります。

通信制高校の学費の相場は40~60万円といわれていますので、かなり安いと言えます。

通信制高校は学費がネックになりやすいので、鹿島朝日高等学校を選ぶ明確なメリットになりますね。

 

一方で、冒頭で紹介したオプションコースは別途費用が必要になります。

オプションコースの受講を考えている場合は説明会で問い合わせておきましょう。

 

高校選びで悩む親
通信制高校は高いイメージがありましたが、良心的な価格で助かります。

 

通信制高校は学校によってかなり学費に差があるので事前に調べておくといいですね。
教育カウンセラー

 

鹿島朝日高等学校の入試

鹿島朝日高等学校の入試に筆記試験はありません。

どんな科目があるかというと下記のとおりです。

 

入試科目

  • 書類選考
  • 面接

 

書類と面接だけで決まってしまいます。

書類選考では下記のような書類が必要になります。

 

書類

  • 入学願書
  • 生徒調査書
  • 志望理由書
  • 入学前同意書

 

この中でも志望理由書を特にしっかり書きましょう。

鹿島朝日高等学校は生徒がそれぞれ自分のやりたいことをできる学校です。

なので、入学してからどうしたいのか、その決意を伝えることが効果的です。

 

次に面接についてです。

鹿島朝日高等学校の面接では下記のようなことが聞かれるようです。

 

面接の内容

  • 氏名や学年等、自己紹介
  • 鹿島朝日高等学校を選んだ理由
  • 過去の学校生活について

 

「面接官は親身に聞いてくれて、日常会話のように話すことができた。」という声もありました。

なので、「落とすため」ではなく「あなたのことを知るため」の面接と言えるでしょう。

 

志望理由の作文も結構難しいのですが添削してもらってから提出ができるので、学校の先生や塾の先生に添削してもらってから提出するといいと思います。
教育カウンセラー

 

鹿島朝日高等学校の特徴

鹿島朝日高等学校の大きな特徴は豊富なコースです。

下記のようなコースが用意されています。

 

鹿島朝日高等学校のコース

  • 週2~5日制
    キャンパスに通学するスタイル
  • 週1日制
    こちらは週に1日だけ通学
  • 自宅学習制
    自宅での学習をメインとし、年間数日スクーリングがある
  • 個人指導制
    キャンパスで教師と1対1で指導が受けられるスタイル
  • 家庭教師制
    教師が自宅に来て教えてくれる制度。家から出られない方むけ。
  • ネット指導制
    パソコンやタブレット端末で学習ができる
  • 全寮制
    本校と千葉県のいすみ市で寮生活で学習を進める。親元を離れる方むけ。

 

生徒個人に合わせてどんな状況にあっても学習をサポートできるようなコースが用意されています。

またオプションコースという専門的な学習コースも豊富で下記のとおりです。

 

オプションコース

  • 大学進学コース
    それぞれの目標に合わせた、プロ講師の受験指導で志望校合格を目指します。
  • アニメ・マンガ・声優コース
    プロのアニメーター・マンガ家・声優に必要な、作画の基礎、豊かな表現力を学びます。
  • アクターズコース
    「自己表現を通して人に感動を与える」ことを学び、タレントやダンサーを目指します。
  • 音楽コース
    音楽の基礎から実践的なテクニックまで、プロの指導を受けて、音楽中心の高校生活を実現します。
  • スポーツコース
    サッカー・テニス…学習のサポートを受けながら、好きなスポーツに専念できます。
  • ファッション・デザインコース
    服飾・手芸・ジュエリー・商品パッケージなど、ファッションやデザインについての知識と技術を学びます。
  • ネイル・メイクコース
    多彩な分野に対応するプロのメイクやネイリストの技術を学びます。
  • 美容・エステコース
    美容のプロ・エステティシャン・セラピストに必要な知識と技術を学びます。
  • ペットコース
    プロに必要な知識・技術を身に付け、トリマーやトレーナーを目指します。
  • 製菓コース
    プロの講師からお菓子作りの基礎を学び、将来パティシエやブーランジェ(パン職人)などを目指します。
  • ITコース
    パソコンや情報処理に関する技術を、専門の講師から学びます。
  • スキルアップコース
    就職にも役立つ資格の取得や、スキルアップを目指す生徒を支援します。
  • 保育・福祉コース
    卒業後に保育士や福祉のエキスパートを目指すために、専門技術を学びます。
  • 海外留学コース
    アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ハワイ・フィリピン・マレーシア…。短期~現地高卒資格取得まで個人で選べます。

 

学費のところでも触れましたが、オプションコースは別途学費が必要になります。

しっかりと確認してから申し込みましょう。

 

高校選びで悩む親
専門コースではしっかり自分のやりたい事に熱中できそうですね。

 

鹿島朝日高等学校の進路

鹿島朝日高等学校の卒業後の進路は進学が大半です。

中でも際立っているものを紹介します。

 

進学先

  • 京都大学
  • 東京工業大学
  • 千葉大学
  • 茨城大学
  • 早稲田大学
  • 慶応義塾大学
  • 上智大学
  • 東京理科大学
  • 青山学院大学
  • 中央大学
  • 立教大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • 明治学院大学
  • 学習院大学

 

鹿島朝日高等学校は通信制高等学校とはいえ、非常にハイレベルな大学への進学も望めるようです。

オプションで大学進学コースも用意されています。

大学進学を考えている場合は追加費用を覚悟して、オプションコースの利用も視野に入りますね。

 

まとめ

鹿島朝日高等学校について紹介してきました。

ここまでの内容をまとめると下記のとおりです。

 

まとめ

  • コースが豊富で自分に合った学習内容や学習環境を整えられる。
  • 学校生活で問題が起きた時の対処に不安が残る
  • 学費が非常に安い

 

色々特徴はありますが、学費が業界最安値レベルです。

予算を重視する場合は候補に入ってくるのではないでしょうか。

-通信制高校の一覧

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.