N高等学校

N高等学校の学費は高いの?偏差値や評判についても徹底解説

高校選びで悩む親
うちの子がN高に通いたいみたいなんだけど、学費とか偏差値とか…色々不安だわ。

 

N高等学校といえば、通信制高校でありながら、進学実績も高く、今人気のある高校の一つです。

ただ、通信制とはいえ私立高校なので、

 

「学費が高そう」

「入学するのが難しそう」

 

といった不安がありますよね。

 

そこで今回は

 

・N高の学費

・N高の偏差値

・N高の特徴

・N高の評判

 

について解説していきます。

 

N高等学校の学費は高いの?

高校選びで悩む親
N高は通信制とはいえ、私立高校だし、色々な取り組みをしている学校だから、学費も高そうよね。

 

保護者の方であれば、まず気になるのは学費ですよね。

最初に学費について確認していきましょう。

 

実は、N高には

 

・ネットコース

・オンライン通学コース(ベーシッククラス、ライトクラス)

・通学コース(週5日、週3日、週1日)

・通学プログラミングコース

 

の4つのコースがあり、学費はそのコースによって変わります。

それぞれを具体的に見ていきましょう。

ネットコース

ネットコース(単位制・通信制過程)の1年次の学費は以下の通りです。

 

入学金 10,000円
授業料 7,200円(1単位)×必要取得単位数

=180,000円

施設設備 50,000円(年間)
教育関連諸費 13,000円(年間)
1年次の合計負担額 253,000円

 

高校選びで悩む親
253,000円って、公立高校と比べてどうなの?

 

全日制の公立高校で1年間にかかる学費は学校外活動費含め合計で約450,862円となっているので、N高のネットコースの学費は公立高校と比較してみても大幅に安いです。

 

さらにN高では各世帯年収に応じた就学支援金が支給されるので、実質の負担額が73,000円~132,700円程になります。

ただし、年に数回あるスクーリングについては、別途費用がかかりますので、注意してください。
教育カウンセラー

参考

N高等学校ネットコースの学費や試験内容とは?

オンライン通学コース

オンライン通学コースには週3日のベーシッククラスと週1日のライトクラスがあり、クラスによって学費が異なります。

当然ですが、通う日数が少なくなるほど費用が安くなります。
教育カウンセラー

 

各クラスの1年次の学費は以下の通りです。

週3日(ベーシッククラス) 週1日(ライトクラス)
単位制・通信制過程学費 73,000~132,700円 73,000~132,700円
通学コース 入学金 22,000円 22,000円
通学コース 授業料(年間) 456,000円 300,000円
通学コース セキュリティソフト代 5,000円 5,000円
合計 556,000~615,700円 400,000~459,700円

 

またオンライン通学コースには、初月退会返金制度があります。

高校選びで悩む親
初月退会返金制度…って何?

 

初月退会返金制度とは、入学後1ヵ月体験してみて合わなかった場合に納入した1学期分の学費が返金される制度です。

ですのでN高生と合うのか不安…という方は一度オンライン通学コースを試してみるのも良いかと思います。

通学コース

通学コースには週5日、週3日、週1日の3コースがあり、通う日数によって学費が異なります。

 

各コースの1年次の学費は以下の通りです。

週5日 週3日 週1日
単位制・通信制過程学費 73,000~132,700円 73,000~132,700円 73,000~132,700円
通学コース 入学金 110,000円 110,000円 110,000円
通学コース 授業料(年間) 600,000円 440,000円 280,000円
通学コース 施設設備費(年間) 240,000円 175,000円 110,000円
通学コース セキュリティソフト代 5,000円 5,000円 5,000円
合計負担額  1,028.000~1,087.700円 803,000~862,700円 578,000~638,700円

 

高校選びで悩む親
やっぱり、通学すると学費も一気に高くなるのね。

 

通学コースはキャンパスで授業を行うのでネットコースやオンライン通学コースよりも費用が多くなります

週5日コースとなると、一般的な私立高校よりも若干割高になります。
教育カウンセラー

 

ですがその分、プロジェクト学習やグループディスカッションなど通学コースならではの学習ができるので、普通科の学校と同等か、それ以上の教育を受けることができます。

N高のキャンパスが近くにあるのであれば、通学も検討してみてはいかがでしょうか。

参考記事

N高等学校の学費や評判など特徴が良くわかる記事

通学プログラミングコース

通学プログラミングコースの1年次の学費は以下の通りです。

 

単位制・通信制過程学費 73,000~132,700円
通学コース 入学金 110,000円
通学コース 授業料(年間) 902,000円
通学コース 施設設備費(年間) 341,000円
通学コース セキュリティソフト代 5,000円
合計負担額 1,431,000 ~1,490,700円

 

通学プログラミングコースは高卒資格を得るための学習とともに専門的なプログラミングの学習も行えるコースです。

高校と専門学校が合わさったような感じですね。
教育カウンセラー

 

始めからIT系の道に進みたい、卒業後にすぐ働けるような技術を身に着けたいという方にはお得なコースになっています。

 

N高等学校の偏差値は?

高校選びで悩む親
学費のことは分かったわ。でもうちの子でも入学できるのか不安なのよね…。N高の偏差値はどれくらいなの?

 

たしかに、私立高校は大学への合格実績で評価されるので、勉強ができる子を多く集める傾向があります。

となると、N高等学校も同じなのではないかと思ってしまうかもしれません。

しかし、結論を言うと、N高には偏差値がありません。

N高の場合、全日制の高校のように偏差値で入学志望者を選考することはありません。
教育カウンセラー

 

N高の入試は基本的に書類選考のみです。

なので、よほど問題がない限り、合格できないということはありません。

高校選びで悩む親
そうなのね、それなら良かったわ。

 

ただし、通学コースには書類選考のほかに筆記試験や面接があります。

高校選びで悩む親
えっ、そうなの?それって難しいのかしら?

 

筆記試験の内容は当日発表されるので、一概には言えませんが、基本的には

 

「次の文章を読んで思ったことを書きなさい」

「N高入学後の目標や将来について書きなさい」

 

といったように自身の考えや将来についての記述する問題が多いです。

ですので、学力がないと解けないということはほぼありません。

 

学力を図って合否を決めるというより、受験者の理解力や入学後どうしたいかを見るといった意図で行われているようなので、気負わずに自分の思ったことを素直に書くといいでしょう。
教育カウンセラー

N高に落ちることはある?

高校選びで悩む親
でも人気の高校だし、やっぱり落とされる子もいるんでしょ?

 

もちろん、入試という形をとっているので、100%誰でも合格できるかと言われれば、そんなことはありません。

特に、通学コースなどは募集人数によっては落ちる可能性があります。

 

実際に、N高の入試案内を見ても

定員になり次第、各出願期の途中でも出願受付を締め切る場合があります。

通学コース各キャンパスは定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

引用元:入学試験詳細/通学コース・通学プログラミングコース | N高等学校・S高等学校(通信制高校 広域・単位制

 

とあり、人気のキャンパスでは募集が締め切られる場合があるので注意が必要です。

とはいえ、通信制高校の定員が埋まることは、非常に稀です。実際はほとんど気にする必要はありません。普通に受験すれば、合格する可能性が高いと考えてください。
教育カウンセラー

 

N高の特徴は?

高校選びで悩む親
学費や偏差値についてはあまり心配ないみたいだけど…そもそもN高自体はどういった学校なのかしら?ニュースとかで名前は聞いたことあるけど、具体的なことはよく知らないから次はN高の特徴について教えて。

 

N高の特徴はICTツールの活用幅広い課外授業です。

 

N高は普段からコミュニケーションツールを使った交流を行っている他、VRを使った入学式ドラゴンクエストXを使った遠足ネット運動会など今までになかった画期的な取り組みで世間から大きな注目を集めています。

高校選びで悩む親
なんだか面白そうね。

 

実際に参加した生徒も、とても満足しています。

 

また、N高は課外授業も多く取り入れており、大学受験対策やWebデザイン、クリエイターといった様々なことを学べるネット映像学習から、農業や漁業といった職業体験まで行えるので、自分に合った職業を探すことができます。

ICT教材を駆使して、通信制高校であるにも関わらず、普通科の学校と同等かそれ以上に教育を提供してくれる学校であることは間違いありません。
教育カウンセラー

 

N高等学校の評判は?

高校選びで悩む親
N高については分かってきたけど、あと気になるのはN高の評判よね。うちの子も問題なく通えるかしら。

 

親として学費や偏差値と同じくらい気になるのは、その学校の評判ではないかと思います。

最後に、N高の評判について見ていきましょう。

 

結論を言えば、N高には悪い評判も良い評判もあります。

それぞれ紹介していきます。

悪い評判

気になる悪い評判については、

 

・同じ趣味の人と出会えて楽しいが、将来が不安。

・大学進学が厳しい

・将来的なことができない

・授業だけでは進学できるほど勉強できない

 

といったように進学や就職など、将来についての不安が多いです。

 

N高などの通信制高校は、基本的に不登校などで長らく勉強していなかった子たちでも授業についていけるように、優しい授業を行っているので、大学進学などを考えている子などには物足りなく感じてしまうのは事実でしょう。

通信制高校の場合、どちらかと言うと高校を卒業することが目的である生徒が多いので、授業のレベルが下がってしまうのは仕方ないところです。
教育カウンセラー

 

ただ、N高では「大学進学コーチング」や「模擬試験の実施」など様々な手厚いサポートを行っています。

大学進学を本気で目指している人であれば、これらのシステムを利用すれば、十分合格を目指すことができます。

過去の進学率に関する不祥事や通信制高校というイメージが先行してしまい、悪い評判が流れてしまっている部分もありますが、実際は普通科の高校と同等かそれ以上に、進路について考えてくれる学校なので、ご安心ください。
教育カウンセラー

不安な方はこちらの記事も読んでおいて下さい。

N高等学校の進学実績が凄い?東大にも・・・

良い評判

悪い評判は少しあるだけでも、どうしても目立ってしまいますが、N高には良い評判の方が圧倒的に多いです。

 

・雰囲気が合う

・アットホームな雰囲気で馴染みやすい

・文化祭や遠足など、普通の学校ではできないことが経験できて楽しい

・様々な部活動があって楽しい

・みんな優しいし、とても楽しいのでN高選んでよかった

 

このように雰囲気が良い、楽しいといった意見が多くあります。

その他にも

 

・自分の時間が多く持てる

・進学などのサポートが手厚い

・幅広い選択肢があるので自分に合った勉強ができる

・不登校など、同じ境遇の子が多くいたので友達も多くできた

・様々な分野の勉強ができるので、進路の幅が広がる

 

といったように「N高に通って良かった」という意見が多くあります。

N高等学校に通うことで救われてきた生徒が大勢います。一度は高校を卒業することを諦めた子が、もう一度夢を叶えるために頑張れる場所。N高はまさにそのような学校と言えます。
教育カウンセラー

N高の雰囲気について良くわかる記事です。

N高等学校の校則や雰囲気ってどうなの?

 

まとめ

今回は、N高の学費や偏差値、評判について解説していきました。

まとめると、

 

・N高等学校の学費はコースのによって異なる。

・N高の偏差値は無く、ネットコースの合否は書類審査、通学コースの合否は筆記試験や面接で判断される。

・N高はICTツールの活用や幅広い課外授業が特徴。

・N高には悪い評判も多少あるが、雰囲気が良く楽しいなど、良い評判の方が圧倒的に多い。といった意見が多くある。

 

です。

通信制高校への入学を検討しているのであれば、N高等学校への入学をぜひ検討してみてください。

 

-N高等学校

Copyright© もしも通信制高校に行きたいなら【もし通】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.